「double」タグアーカイブ

DOUBLE KOBE 2023 出展公募概要書

ドゥブルは”つくり手”を中心としたライフスタイル提案型のマーケットとして、静岡県浜松市で2016年に始まりました。別ブランドの企画展「アリィの冬と夏」は浜松にて年2回継続しておりますが、ドゥブルは2022春に会場を神戸市に移し、作り手から使い手へのプライマリーシーンとして再スタートしています。

今回はリニューアル後、2回目の開催。デザイン都市・神戸の地において、伝統に対峙する地方の民藝や、変革する力を併せ持つ現代のつくり手の皆様にもご参加いただき、企画展とは異なる趣旨で工藝とデザイン、丁寧な手仕事の美しさの日本を伝えると共に、「継ぐ」重要性も探りながら、実りあるイベントを創っていきたいと考えております。 宜しければご検討ください。

◎ドゥブル 神戸 第2回開催概要/Event Outside 

● タイトル:Japan Arts&Crafts, Folkcrafts Fair DOUBLE KOBE 2023  
●日程: 2022年5月20日(土)-21日(日)  10:00-17:00
(搬入は前日17:00~or当日8:00~)  
●会場: 〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4 デザイン・クリエイティブセンター神戸  
https://kiito.jp

KIITOホール、ギャラリーA (神戸三宮駅から徒歩10分、近隣駐車場あり)https://goo.gl/maps/xxYLNxje7g7jQHc8A

●入場料:あり(前売り、当日)

◎応募規定/EntryRequirements 

全国の工藝( 陶磁、金工、木工、漆工、皮革、染織、装身具、造形など) のつくり手。美術家、アーティストなど。地方の文化、産地、技法などを取り入れ、最初から完結までの工程が、基本的に一人で行ったものであるもの(一つの工房などでの複数分業作業可)。

参加者本人のオリジナル作品であり、生業としているプロであること。参加者本人が開催日の 管理・対応・販売、および搬入・搬出できることと致します。(基本的に作家については個人名での登録公表、その他は屋号)地域、歴史やDNA あるいは日本に纏わる事柄などをベースにされている方、フード(焼菓子など)・イートインも応募可能。

DOUBLE KOBEは”土地の記憶”とものづくりがテーマです。

◎出展選考 一般公募期間(2023.1.3〜1.31) 
選考結果 2023.2.13(月)までに連絡いたします。


概要書を下記からダウンロード頂き、リンク先から質問事項にお答えの上、一度だけ送信ボタンを押してください。また別途、作品と出展写真を指定アドレスへ5枚お送りください。

———————
ダウンロードはこちらから

DOUBLE KOBE 2023 出展公募概要書 (401 ダウンロード)

DOUBLE RE-START!! 2022


DOUBLE Re-start !!


ドゥブル(@double.hmt)は第2章へ
⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗
2016年に浜松アクトシティからスタート致しました「ドゥブル ~ DOUBLE Sur La Colline De Chopin」は5回開催し、2018年以降暫くの充電期間を頂いていましたが、この度2022年春に再始動しRe-Brand致します。

企画展「アリィの冬と夏 alg vinter och sommer」の今があるのも第1回目のドゥブルがあってならではですが、再始動にあたり、HPに過去アルバムを残してインスタグラム上の過去画像をほぼ消去致しました。またロゴも一新し、装いも新たに情報も徐々に発信していきます。フォローが未だの方は、どうぞこちら(@double.hmt)も宜しくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーー
DOUBLE 2022 (@double.hmt)/   Re-start
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#アリィの冬と夏#ドゥブル#クラフトフェア#クラフトマーケット#工藝#つくり手#作り手#陶芸家#木工作家#皮革#染織#ガラス#装身具#造形家#ファッション#暮らしの道具#民藝のある暮らし

DOUBLE 2018秋季 不開催のお知らせ

日頃はご来場ご声援頂きまして誠にありがとうございます。

2016年より春と秋の年2回開催してきましたdoubleですが、翌年の春開催に向けての時間を充てるため、2018年秋季につきましては【不開催】とさせて頂きます。楽しみにお待ち頂いていたゲストの方々、出展エントリーをお考え頂いていた皆様、ご迷惑をお掛けします。

尚、次回の開催は企画展「アリィの冬と夏2019」です。
こちらは間も無くお知らせできる予定です。
併せて、どうぞ宜しくお願い致します。