「Exhibitor」カテゴリーアーカイブ

Exhabitor 30 | 藤原 有二 <北海道>

自己紹介をお願いします。

器から野菜までそこの土でというテーマで、住んでいるところや旅先で出会った土をスコップで掘り製作をしています。北海道の山中を拠点に野菜づくりや山菜とりなどをしながら、時代を超えて大切にされるものづくりを目指しています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

明治以前の製作方法の素焼きをしない生掛けという手法で、使えば使うほど風合いの良くなる、育つ器を作っています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

原始から続くようなかたちや質感のものに最近挑戦しています。平たいものやまるいものなど新しい作品を見てもらいたいと思っています。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

存在としての品は、そこに注いだエネルギーの量と質のように思います。軽やかにぎゅっと力を込めたいと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

旅するようにあちこち作品を持って回っています。初めての静岡、お会いできるのを楽しみにしています。

Exhabitor 29 | Tu viendras <静岡>

Tu viendras  <その他 | select >

自己紹介をお願いします。

はじめまして。店名「天然マテリアルと詩の小売 Tu viendras は、鉱物/植物/感情と思考の店として、主に「詩」と「アート」を背骨に活動中です

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

Tu viendrasでは、人の感情と思考から成るアート/詩や言葉もまた、鉱物や植物と同様に天然のマテリアルであると考えています。 天然のものには一つとして同一のものが無いように Tu viendrasの「詩」には複製がありません。一通の手紙のように受け取り、あなただけが読むことが出来ます。その為、予め内容を読んで購入を検討することは出来ません。ここでは、一人の作者が書き下ろした一点限りの詩を一人の読者へお届けします。未発表作品の詩が購入者様だけの元に届く特別な芸術通信をお楽しみください。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

「詩」と「アート」のほか、石、紙、糸、布、草、木、花、実、葉、香、蜜、羽、貝、等々の天然マテリアルの中から、そのとき手に入るものをお持ちします。

詩集 (池田彩乃、mahina makana、縷々、小木曽涼子、他)

絵画アート作品 (Hayato Kumagai, Natsuki Nakamura, shimeship, )

鉱物植物etc.

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

このDOUBLEこそが、わたしのあてなるものにあたります。

もう一つ述べることができるのなら、イメージとしては、よく整えられた衣服、慎みのある身装具、落ち着きのある動作、思慮深さや分別のある行動、温和さ、柔和な態度、でしょうか。

また、美しいと感じられる「ひと」「もの」「こと」でもあると思います。

とりわけその色形、姿について、目に喜ばしいものがそれにあたると思いますが、それはそのように立派なものだけに限りません。

若者の美しさが力であるように、老齢の者の美しさはその白髪にあることでしょう。

この度、各地から様々な「あて」が呼び集められる episode4に参加がかないましたことを心から光栄に思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

店名のTu viendras チュヴィヤンドラ には、「You will come. あなたは来る」という意味があります。

次に綴るこの詩のような気持ちで、ゲストの皆様のご来場をお待ちしています。

Tu viendras

願いのような予感が確かになる時

空が歓喜する

あなたを待つ人がいる

これから あなたに会いに来る人がいる

その時を迎えようとしていますか

準備を整える為の品々が此処にあります

たった一人のひとに たった一つのものを

この世界を探して手に入れた

天然のマテリアルが

あなたの贈り物に加わりますように

You will come! あなたは来る!-

Exhabitor 27 | Antico <静岡>

Antico  <その他 | 欧州アンティーク>

自己紹介をお願いします。

浜松市中区田町交差点KAGIYAビル3階に店舗を構えます、西洋アンティークショップAnticoアンティコです。来日10年になるイタリア人店主Danieleダニエレが厳選した魅力的なアイテムを取り揃えております。


作品制作時におけるポリシーを教えてください。

Daniele本人が納得したモノを取り揃えること。商売としては需要が決して多くなく彼の目利きに全てがかかっているため、ハイリスクではあります。ただその先には目に見えない大きなエネルギーが生まれ、言葉では表現し難い世界が待っています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

9月初旬に買い付けたばかりのイタリアンデザインのデスクランプ、Borsalinoなどヴィンテージハット、アンティークステッキ、その他デスクアイテムやアクセサリーなど、秋の夜長に新しい趣味をとお考えの方には最適なワクワクするものを持参いたします。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。「わたしとあてなるもの」について教えてください。

使い捨てが当たり前になった現代にギャップを感じる日常生活、何十年も何百年も前に作られたモノたちもまた、同じ用途もしくは新しい目的をもち愛用されるため存在し続ける。そうなるべくして私の手にあるように次の持ち主へと渡り愛されていく。その歴史やストーリーをモノから感じ取っていくのが醍醐味でもあります。

来場者へメッセージをお願いします
今回で4回目の出店をさせていただきます。回を重ねるごとにみなさまからの声でもっと楽しいもの、もっと素敵なアイテムをと日々探求中です。今回もご来場のみなさまを退屈させないアイテムを多数持参して臨ませていただきます。ぜひお立ち寄りいただき、秋の夜長を満喫していただきたいと思います。

Exhabitor 26 | MA&CO accessories <愛知>

MA&CO accessories  <工藝 | アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

MA&COaccessoriesと申します。

素材との出会いを大切にひとつひとつ手作りしてます。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

 アンバランスなバランス をテ―マに

大きいもの小さいもの

柔らかいもの固いもの

古いもの新しいもの

有機的なもの無機質なもの

いろいろの境界線をつくらず

その時々に感じたことをカタチに落とし込み日々製作しています

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

ヒマラヤ水晶やオリジナルのパーツやビ―ズを使った真鍮アクセサリー

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

人と物と人、物と人と物。あてはなくても人の繋がりなくしてあてなるものは作れない感じがします

ご来場のゲストにメッセージをお願いします

Doubleの空気が好きです。

当日は私ものんびり楽しんでると思います。

是非、遊びにいらしてください。

Exhabitor 24 | Tau  <静岡>

Tau  <工藝 | アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

Tau(タウ)と言います。

魚の鱗や、木の実、天然石など、
自然のものをアクセサリーを作っています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

一つ一つ違うナチュラルな大きさや色合い、曲がりを組み合わせているので、

一体感を考えながら、唯一無二のワクワク感をお届けできるように製作しています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

今回のDoubleには、いつものカラフルから少し色数を絞り、
秋冬の装いに合うシックなテイストのものを準備しています。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。「わたしとあてなるもの」について教えてください。

この場を作ってくださるDoubleの世界です。
Doubleのもたらす世界から素敵な出会いや希望をたくさんいただいています。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

Exhabitor 23 | mano <愛知>

 

 

mano  <工藝 | アクセサリー> 10/14

自己紹介をお願いします。

manoはイタリア語で【手】を意味します。 名古屋を拠点に活動しています。

 

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

普段使いから特別な日まで、どんな場面でも寄り添えるような作品になるように制作しています。

 

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

貴重な浜松方面での出店ですので、定番の物からテーマカラーの「紫」も意識した作品をお持ちいたします。

 

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

人を妬み恨むような事のない、心が豊かで心に余裕がある暮らしをしたいと思っています。

 

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

今回で2回目の出店になります。

土曜日だけですが、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。

Exhabitor 22 | 千田 徹 <岐阜>

千田 徹 <工藝 | 陶芸> 10/15

 

自己紹介をお願いします。

はじめまして、千田徹と申します。

岐阜県多治見市で陶器の製作をしております。

スリップウェアの技法を用いて日用使いの食器を製作しています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

ぬくもり、あたたかみ、柔らかさを感じるようなうつわであることを

意識して製作しています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

新しく取り組んでいる低火度釉を用いた低温焼成の食器を

多く持っていきたいと思っています。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

普段使いの食器はまさに「あてなるもの」だと思います。日々の食事を上品で優雅なものにするものであり、こうありたい、と思う暮らしを現実にするものです。11日を充実させ豊かにするものだと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。はじめての静岡浜松での出店で今から楽しみです。

当日多くの方と巡り会えるようにしっかりと準備をして臨みたいと思います。

Exhabitor 21 | say0ume <富山>

sayOume  <textile | 染織>

自己紹介をお願いします。

暮らしにそっと寄り添い馴染む”をコンセプトに帆布の鞄を制作しています。

昨年、拠点を京都から富山に移し、イベントを中心に活動しています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

人の暮らしは日々変化しています。そんな暮らしに寄り添えるシンプルなデザインであること。長く使えるシンプルで丈夫なつくりであること。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

倉敷帆布で制作したトートバッグを中心に、秋冬の装いに提案したい鞄をお持ちします。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

私の思う“あてなるもの”は引き立て役。

人や物とのかかわり方。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

素敵な方々との出会いを楽しみにしています。

Exhabitor 20 | 坂本 友希 <長野>

坂本 友希 textile | 捺染

自己紹介をお願いします。

シルクスクリーンの型を製版して生地を染める、版画と染物の合いの子のようなものづくり(捺染)をしています。

八ヶ岳と南アルプスにはさまれた長野県の富士見町に住みながら、山や畑のこと、昔話など日々の中でふくらんだ想像をもとに柄を染めています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

自分がたのしくいること。

何かを表現することは、表現者自体がたのしいっていうことが受け取る側のよろこびにもつながるものだと思うので。

ものをつくることは仕事である反面、わたしにとっては一生懸命遊ぶことという面も大きいです。

実際には失敗してイライラしたり、一人で嘆いたりしてる時もあるけど、うまくできた時には、馬鹿みたいに一人で盛り上がったりもして、総じてやっぱりたのしいからつくってるんだろう、と思います。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

首に巻けるハンカチスカーフやストール、かけたり敷いたりできる大きなクロスなど多用途に使える布を持っていきます。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。「わたしとあてなるもの」について教えてください。

上品や優美…と聞くとわたし自身とは程遠い言葉だなぁと思ってしまいますが、わたしにとって、自分のつくるものにおける理想は、人の近くにいてパッと花が咲いたようなうれしい気持ちを届けられるものをつくることかなと思います。美術館にきれいに収まっているよりも、みんなの側にいつもいて一緒に暮らして、最後は雑巾になって捨てられても、いっぱい同じ時間を過ごして生まれてきた仕事を全うできるようなものを作りたいです。わたし自身とわたしの持っている道具やものとの関係もまた同じようで、いつも全部のものがちゃんと活躍できて一緒に良い時間を過ごし、循環していけることが理想です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松では初めて出店になりますので、当日たくさんの方にお会いできることをたのしみにしています!

Exhabitor 19 | OpaLLIos <愛知>

OpaLLIos  <工藝 | 金工>

 

自己紹介をお願いします。

初めて参加させてもらう、OpaLLIos(オパリオス)と言います。
メキシコで彫金修業をし、その後は愛知県に工房を構えジュエリーを製作しています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

メキシコで彫金修業したことや海外を旅するのが好きなのでとこかの民族や、部族的な雰囲気や日本とは違う部分がありつつも身につけやすいデザインを意識して作っています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

草木染めで染めた糸を使ったピアス、イヤリング
身の回りの自然からインスピレーションを受けた作品
メキシコの動物をモチーフにした作品など、

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

正直、今は2歳児の息子に振り回され今回のテーマとは程遠いい日々を送っています。
その中で今感じるのは、息子のお昼寝中に自分で焙煎したコーヒーを一杯ゆっくり入れる時間、次に何を作るか考える時間、自分のために使える少しの時間が今の生活の中の私のあてなるものです。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めて、浜松で出店します!初めての方に、見ていただけることやお会いできるのがとても楽しみです。どうぞ宜しくお願いします。

Exhabitor 18 | OneMade <長野>

OneMade  <textile | 染織>

自己紹介をお願いします。

田中美香

名古屋ファッション専門学校卒業。

縫製 販売 仕入れ ファッションサイトと約10年間さまざまな業態のアパレル業に従事。

結婚、妊娠を機に飯田市へUターン。

出産後、子供服の通販会社で働きながら子供服の製造販売を少しづつ始める。

2016年飯田市ビジネスコンペティション準大賞を受賞し、

20173月『ハンドメイド子供服 One Made~ワンメイド~』としてスタートする。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

OneMade ワンメイド~

11つ丁寧に作るという意味と1人1人のお客様に対応したモノづくりをしたいという思いを込めています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

リニューアルしたサロペット、人気のリバーシブルワークキャップなど、

成長の早い幼少期でも長く愛用できるアイテムを中心に持っていきます。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

私にとってのあてなるものは家族です。ちょっとしたことで怒れたり、不安や不満に思うことがあったりしますが、『家族みんなが仲良く幸せならそれでいいじゃん』と思えることが私の幸せで理想です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

今回で2回目の出店になります。

是非お子様と一緒に遊びに来てくださいね。

Exhabitor 17 | NOTA <愛知>

NOTA <textile | 仕立>

自己紹介をお願いします。

NOTAは、テーラーで学んだ昔ながらの技術で洋服を仕立てています。

「いつもの日常に、少し丁寧な装いを」

そして、装うことの楽しさをご提案したいと思います。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

Classic Elegance」をブランドテーマに

そこから、生地を選び、デザインを考え、永く着ていただけるような丁寧な縫製を心がけています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

秋冬レディースの洋服と小物

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

あてなるもの(洋服)を装うことで、お客様をあてなるもの(者)へ

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

4月の Episode 3 に続き、2回目の出店となります。

今回はブランドの得意とするウールの洋服をメインにいくつかお持ちします。

皆さんのお越しをお待ちしています。