EP5 exhabitor 7 | cottind <石川>

Pocket

 

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

インドの伝統技法、ブロックプリントとコットンにこだわって布創りをしています。ブロックプリントとは、手彫りの木版に染料をつけ、布地ひとつひとつハンコのように手作業で押して模様を染める技法です。

模様は自然から受ける何気ない感動や、日常の中の温かい瞬間、そんな私の何気ない感動や、何気ない理想を込めてデザインしています。

ブロックプリントは、すべて手作業のため、同じプリントでも、にじみやカスレ、色の濃淡など一枚一枚表情が違い、手仕事の温もりが詰まっている技法だと思います。

肌に優しい 柔らかい コットンにもこだわっています。

絵本をまとうような、どこか温かい気持ちになるような、暮らしを ほっ 色づける 

そんな布づくりを目指しています。


Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

オリジナルテキスタイルの

ハンカチ、手ぬぐい、コットンブラウス、スカーフ、ストール、布小物

カットクロス、木版(木のはんこ)

など展示する予定です。


③今回のテーマは
「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

線と間と聞くと、ストライプを思い浮かべます。

私は、ストライプは、雨模様に似ているような気がしています。


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

はじめまして。cottindです。ブロックプリントの風合いを感じていただけたらばうれしいです。

浜松の皆様、どうぞよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です