alg vinter och sommer Re.8

Pocket

ᴀʟɢ ᴠɪɴᴛᴇʀ ᴏᴄʜ Sᴏᴍᴍᴇʀ ʀᴇ.8
~ᴏᴘᴇɴ ᴛᴏ ᴛʜᴇ ᴘᴜʙʟɪᴄ
⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗

アリィ8回目 “Re”のテーマは “Rectangular ritual ” 
(レクタングラー・リチュアル「長方形の儀式」)

—— 『長方形』
デザイン関係でご存知の方もいらっしゃると思いますが、少し説明をしますと、美しい長方形にはいくつかの法則があります。

西洋の【黄金比 1:1.618 】に対して、日本にはA版やB版といった用紙でもお馴染みの【白銀比 1:1.414】(別名:大和比)の長方形。実はこの比率は国内の寺社建築や仏像の顔、日本絵画などで「日本人が美しいと感じる比率」として古くから用いられています。

1970年に基盤目状に設計された卸本町。
もしかしたらこの美しさを
何処かで自然と目にしているのかも知れません。

今回のメインビジュアルを担当して頂いたのは
木版画家としてご活躍中の保立葉菜(@hotatehana )さんです。ものづくりの時間自体が、それぞれつくり手の「儀式」であり、長方形の会場の中で行われるマーケットもまた「儀式」と捉え、描いて下さっています。

後日に配布のポスターやリーフレットはこのビジュアルを目印に。また保立さんのホームページ、SNSのリンクを貼ってありますので、ぜひ、一度ご覧ください。

ーーーーーーーー

保立葉菜
木版画家。1983年東京都生まれ。
和光大学表現学部芸術学科卒業。
主に展示、装画、挿絵などで活動。
最近の仕事に、装画『ホワイト・ティース(上・下)』
(ゼイディー・スミス著、小竹由美子訳/中公文庫) がある。
http://www.hotatebros.com/hana

ーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーー
ドゥブル(@double.hmt)企画展
アリィの冬と夏(@alg_vos )2021 Re.8
日時:9/18(土)14:00-20:30
-19(日)9:00-16:00
場所:浜松市南区卸本町37
浜松卸商センターアルラ全館ほか周辺ビル内
入場無料・雨天決行・無料駐車場250台
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#アリィの冬と夏#ドゥブル#クラフトフェア#クラフトマーケット#浜松イベント#浜松市#アリィの冬と夏2021#工藝#浜松市卸本町#つくり手#陶磁#木工#皮革#漆工#金工#装身具#染織#ファッション#作り手#版画家#木版画#保立葉菜#hotatehana#長方形の儀式#rectangularritual

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です