Re3 出展者情報 21-25

Pocket

 

 

 

 

 

喫茶oheso | コーヒー・タコス他<愛知>
▷フードトラック
@cafe_oheso

いろんな場所に現れる移動カフェ
cafe oheso(オヘソ)です⚪︎○⚪︎○

おいしいコーヒーや
たくさんあって迷ってしまうオリジナルドリンク
ふわふわ生地のハワイアンドーナツ マラサダや
スパイシーでやみつきになるタコスをお届けします♩

一杯ずつ心を込めておつくりします。
片手で食べながらお散歩もできます

 

革もの工房 tickle | 皮革・革製品<奈良>
@kawamonokoubou_tickle_garelly

革という素材の無限の可能性に魅力を感じ
革もの制作を続けています。
近年 「革は硬い」 「革は重い」というイメージを
払拭することをテーマに1枚1枚革を手洗いし
シワをあえて作ったものを使用して
柔らかさを表現しています。

素材上同じ表情にはなりませんが
その分ひとつしかないものが
生まれることを楽しんでいます。
静岡のお客さまは明るく温かな人が多い印象でした。
一期一会の出会いを楽しみにしております。

 

気球堂 | 七宝アクセサリー<北海道>
@kikyudo_

昔から変わらず、そこで静かに佇み
訪れる変化や時間やひとを
穏やかに受け入れてくれるような
卸本町の空気が心地よく好きでした。

2回目の卸本町
すこしずつ
沁みこみなじんでいけたら
いいなとおもいます。

暮らしのなかの身近なモチーフや
そこにある風景や色や空気感を閉じ込めた
七宝焼のアクセサリをお届けします。

kubota kokabann | 革小物・革アクセサリー
<静岡>
@yasqub

作品製作にあたっては
丁寧な仕事を心がけつつ
革という素材の良さ
おもしろさをなるべく引き出したいと思っています。
余計な手を加えないことを意識して製作しています。

 

くるり窯 | 陶芸<静岡>
@quruligama

浜松市引佐町渋川にある工房で
主に粉引きの器を中心に制作しています。

粉引きの器には化粧掛けと言われる工程があり
赤土で作った器の上に
化粧土(白泥)をコーティングします。
そのときに生まれる化粧土の濃淡が
器の景色となって独特な風合いに焼きあがります。

粉引きは経年変化が楽しめる器なので
少しでも生活に寄り添える器を目指して
デザインはシンプルに
使い勝手の良いサイズ感のものを
心掛けて制作しています。

 

2019年01月05日 | Posted in Alg vinter och sommer, craft, Exhibitor, food | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です