Exhabitor 38 | カワムラ帽子店 <埼玉>

カワムラ帽子店 <埼玉>
textile・染織

自己紹介をお願いします。

埼玉の川越で天然素材の帽子と草木染めのリボンを製作しています

子供の頃から手を動かし何かを作り出すことが大好き。

想像し形に仕上げるまでの過程を楽しみ、苦しんでいますが、仕上がった作品は最大の喜びとしてお客様にお届けしています。

作品におけるポリシーを教えてください。

自然に溶け込む天然素材のみを使用し、自分が被りたいと思う帽子を製作しています。

沢山の帽子を製作しますが、お客様にとってはたった一つのお気に入り。一つ一つの工程が当たり前にならないよう真摯に素材と向き合います。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

エイプリルフール!! いえいえ、今回は素直に ’’四月の魚’’を感じたままに。

寒い季節にせっせと制作に励み、たくさんの作品を抱えた作家さん、まるで産卵を迎える四月の魚のように、キラキラした作品という名の宝物は春の訪れとともに旅立ってゆくのです。そんな’’四月の魚’’=作家さんは力強さ、達成感でしょうか。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

春の息吹を感じる草木の力強さを染色に込めたリボンをご用意します。

今季は新作の木型で作る帽子もお目見え予定です。

シンプルだけど少しノスタルジック、自然を感じる帽子を多数ご用意いたします。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

こんにちは、はじめまして。浜松の地に降り立つ喜びと、出会いに心躍り制作に力が入ります。

春の訪れと共に湧き上がる高揚感、花の香りが風に踊る卯月、日差しが眩しくなる青い空、帽子を被って出かけませんか?懐かしいような、新しいような時代に流されない帽子を揃えております。

Exhabitor 37 | 湯浅ロベルト淳 <静岡>

湯浅ロベルト淳 <静岡>
4/1 工藝・木工

1自己紹介をお願いします。

ブラジルサンパウロ生まれ、湯浅ロベルト淳と申します。

 山の中の古民家工房で木の暮らしの道具を作っています。

2作品におけるポリシーを教えてください。

毎日使って欲しい、そんな思いで使い勝手の良い道具作りを心がけています。

3今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは? 

エイプリルフールは子供の頃の良い思い出です。

4 Episode 3 ではどんなメニューや作品が並びますか。 

木の器、カトラリーや漆器。

5ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

木の種類のこと、使い方、手入れについてなど、何でも聞いてください。

 経年変化があり、手になじむ木の道具は、毎日使うことでますます愛着が湧きます。

 

Exhabitor 36 | yatra <岐阜>

yatra <岐阜>
textile・染織  

自己紹介をお願いします。

yatra” (ヤトラと読みます)はヒンディー語で旅を意味します。

いろいろな地で出会った素材、人、技法。それらに出会った感動を、オリジナルのデザイン、テキスタイル、パターンに込めて、なるべく天然素材を使い、作る人も着る人も笑顔になれる服作りを目指しています。

デザイナー:則竹 里沙 愛知県生まれ、岐阜県育ち。高校時代をフランス、パリで過ごす。国内外の技法、手刺繍、手織りなどを使った天然素材の衣服「yatra」を展開中。

作品におけるポリシーを教えてください。

天然素材を使うこと

作る人に無理をさせないこと

長く着られるものを作ること

自分にしか作れない、美しいものであること

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

フランスのエイプリルフールのようなものですよね。

紙の魚を背中に貼ってイタズラする、とは何ともかわいらしい風習だと思います。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

ブロックプリントという手法を使ったオリジナルプリント生地の衣服やバッグ、手刺繍のシャツや一年を通して着られるリネンやコットンの衣服など。

henteさんの木のアクセサリーも並びます。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めて参加させていただきます。

yatraの服は、着てみて素材の良さや着やすさがわかると思っています。

お気軽に声をかけて、試着してみてくださいね。

Exhabitor 35 | atelier nu-café <静岡>

atelier nu-café <静岡>
food ・焼菓子

自己紹介をお願いします。

静岡市にて、マクロビオティック、ビーガン料理をメインとした料理教室と

お菓子の製作をしてイベントなどで販売し活動しています。

作品におけるポリシーを教えてください。

バターや牛乳、卵不使用で、100%ベジタブル素材とオーガニック食材で作った、素朴ながらに美味しく視覚的にも愉しめる、ナチュラルスイーツを作っています。

クオリティーあるナチュラルスイーツを目指して、日々お菓子の製作しています。食べることの大切さと楽しさ、優しい後味とヘルシー感が何よりの魅力です。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

新年のお祝い的に、大切な人や家族、自分へのプレゼントであったり

いたずら=遊び心あるものを何かお菓子で表現して、提供できたらと考えております。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

100%ベジタブルでオーガニック素材で作られたフランス菓子を提供します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めての参加となりますが、よろしくお願い致します。

興味を持っていただけたら、嬉しいです。

Exhabitor 34 | glass&jewelry DayDream  <愛知>

glass&jewelry DayDream <愛知>
工藝・アクセサリー

自己紹介をお願いします。

glass&jewelry DayDream です。

作品におけるポリシーを教えてください。

フリーハンドで描いた線や
自然のものの自然な線を思い出すような形を目指し
華美過ぎずそれでも

光を留めたガラスで

毎日に小さなキラリを残したい
そんな想いで制作しています

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

4月の魚は サヨリ

shigatsu no sakana は 古道具屋さん

Le poisson d’avril は 4月バカ ジェームス三木

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

DD Basic  に加え

イベントならではのお求めやすい小さなアクセサリーも並びます。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

はじめましての大切なイベントです。

同じ名前の作品でも、模様の出方、色の濃淡などがまるで違うので
ネットや写真では伝わりにくいところを手にとって見ていただきたいです。珍しく青色にも挑戦しました。

Exhabitor 33 | OGiSO <愛知>

OGiSO  <愛知>
工藝・アクセサリー 

自己紹介をお願いします。

淡水真珠、天然石、シルク糸。天然素材の魅力を編みつないだ、洋服と着けた人を静かに引き立てる糸編み飾りを作っています。1本の絹糸から編み針で形を生み出していく作業が楽しくて、新しい形を生み出すたびに、わくわくしながら編んでいます。

肌に触れる物は金属をできるだけ使わないで仕上げています。

作品におけるポリシーを教えてください。

物としての目を引く華やかさより、身に付けた人が魅力的にみえる物であること。

控えめだけど存在感があること。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

4月のさかなというと、潮干狩りのイメージです。

あさりや、貝、砂浜。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

糸編みアクセサリー、刺繍のブローチ

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松でのイベント参加は初めてです。

両親が移住してしばらくになりますが、まだ土地勘がありません。
これを機に、私も浜松のことをいろいろ知りたいです。

「四月のさかな」で私がイメージするのは潮干狩りです。
浜辺をイメージするアクセサリーを新しく作ってみようと思います。

Exhabitor 31 | Boulangerie POWA POWA  <静岡>

Boulangerie POWA POWA <静岡>
4/2 food・パン

1 自己紹介をお願いします。

北海道産小麦・ライ麦・全粒粉、伊豆大島の塩、 オーガニックのドライフルーツやクルミなど良質な素材を使い、 焼く素朴なパン屋。

2 作品におけるポリシーを教えてください。

日々の食卓に寄り添うパンを目指して、 毎日丁寧に焼くということ。

3 今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

事始めの季節ですので、祝い→旨い日本酒→ホタルイカ(大好き)

4 Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

自家製酵母のパン・ド・カンパーニュ 低温長時間発酵のバゲット 発酵バターのクロワッサン は、欠かさずお持ちいたします。 他、オーガニックフルーツやナッツ類のパンや coffeewineのすすむパンをご用意してお待ちしております。

5ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

国産小麦の甘く香ばしい香りで会場を美味しく包みたいと思っております。
お誘い合わせの上、ぜひともお越しくださいませ。

Exhabitor 30 | aei <愛知>

aei <愛知>
4/1 工藝・金工・ジュエリー

自己紹介をお願いします。

愛知県常滑市の自然の中で金属加工を用いて、ジュエリーやオブジェ、生活の道具を制作しているaeiです。

aei(アエイ)は19世紀頃にギリシャにて結婚指輪によく刻まれていた言葉。 “永遠”の意味があります。

作品におけるポリシーを教えてください。

いつもは見落としがちな小さなものや、季節を感じられるもの。

日々の生活の中に何気なく存在する、ささいな美しさに少し近づけるものづくりを目指しています。

作品を目にした時、手にとった時の感情を大切に、ものづくりをしています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

aeiの作品には、ひとつひとつに物語があります。それは神話のように、存在するものから、しないものまで。「こんなのあったら素敵だね」「こんなもの初めて見た!」なんて思っていただけたら嬉しいです。

普段の生活を少し放れられる時間を、来場者の方と楽しめたらと思います。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

春を彩るジュエリーやアクセサリー、小さなアート作品やカトラリーなどの道具たちをお持ちします。

今回はテーマに合わせて、四月の魚ブローチも少しだけ制作しようと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

春の暖かい太陽のもとでお会い出来るのを楽しみにしております。

みんなで“あお”をまとって楽しみましょう。

Exhabitor 29 | 佐渡 勝行 <長野>

佐渡 勝行 <長野>
textile | 染織

自己紹介をお願いします。
長野県富士見町で植物染料を使った染色をしている工房です。
主に手ぬぐい、帆布を使用した袋物などを制作しています。

作品におけるポリシーを教えてください。
型や基本を大事にしながらも直感的に作品を作れたらと思っています。
それと手間はかけても、そこに無理が生じない連続性や必然性を見る
よう心がけています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?
逃した魚ではないですが、もう少し若いころは何かを得るために猛烈に
前に進もうとしていた気がします。だから成果への期待も大きかった、、。
今は、出きるだけのことをマイペースにやって失敗しても冗談が言えるくらいには
心にゆとりができた気がします。冗談を言うほうも言われる方も、余白(ゆとり)が
十分ないと楽しめないよーに思うので「四月の魚」は心の余白ということにしておきます。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。
定番の手ぬぐいをはじめ、春の光を通す柔らかな布を使用した
ストール、藍染めのブルーの作品を多く選ぼうと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
春らしい心地の良い空間作りができたらと考えています。
柔らかな布たちの展示を是非見に来て下さい。

 

Exhabitor 27 | tulala works <愛知>

tulala works <愛知>
工藝・アクセサリー

自己紹介をお願いします。

tulala works(ツララワークス)愛知でイベント出展を中心に活動をしています。

バーナーでガラスを溶かしてひとつひとつ手作業でパーツを制作し、アクセサリーに仕立てています。
透明感溢れるガラスを日常に。
四季折々の自然や記憶の中の特別をカタチに…
身につける方にそっと寄り添い引き立てあえるような
アクセサリーを提案しています。

 作品におけるポリシーを教えてください。

目には見えないような美しさや
遊び心を兼ね備えた作品づくりをしていきたいと思っています。

  今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

 ユーモア 想像力

 Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

これからの季節にぴったりな花や植物をイメージしたデザインの
ピアスやネックレスなどを検討しています。

 ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松での出展は今回で2回目になります。
春のふんわりとした空気の中doubleに参加させていただけることを
とても楽しみにしています。

お気に入りを探しに遊びにいらしてくださいね。

Exhabitor 26 | ミツノシマ <静岡>

ミツノシマ <静岡>
4/1 food・ジャム 

自己紹介をお願いします。

こんにちは♪ミツノシマです。浜松でジャムの生産・販売をしております。
店舗はなく、主に販売形態は、イベント出店とさせていただいております。
イベント毎に限定のジャムをご用意しており、出店時には2030種類のジャムが並びます。

委託販売・ホテル・BARcaféでのメニュー
展開・ジャム作り・ドレッサージュなどの教室もしております。

『絵の具のパレットのようなジャム』をコンセプトに色彩豊かなart感覚のジャムをお楽しみいただけます。パンに塗るだけではなく、ドリンクやソースとしての食べ方なども合わせてお知らせさせていただいております。

作品におけるポリシーを教えてください。

色や素材感を大切に目で見ても口に含んでも楽しんで頂けるジャムを生産しています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

キラキラ

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

旬の素材や春ということもありお花を少し使ったジャム、パステルカラーになるようなものに仕上げる予定です。

限定ジャムも用意します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

限定のジャムは、個数制限は設けませんが、数が少ないのでお早めのご購入をオススメします。ミツノシマのワンスプーンが皆様の食卓を豊かに彩り、美味しくて楽しいをお届けいたします♪

Exhabitor 25 | Masashi Akiyama Pottery Works <静岡>

Masashi Akiyama Pottery Works <静岡>
(工藝・作陶) 

自己紹介をお願いします。

京都の専門学校で陶芸を学び、2012年から静岡県焼津市を拠点に陶芸作家として活動しています。

各地のクラフトフェアやハンドメイド関連のイベント、デパートやギャラリーでの企画展等に参加しながら活動しています。

作品におけるポリシーを教えてください。

器は使いやすくて、長くお使い頂けるものを作れるように心がけています。

特にマグや茶碗など手に持って使うものは、手になじむ軽さに出来るように気をつけています。ぜひお手に取ってご覧下さい。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

年中作っているので四月の魚と言えるかわかりませんが、陶器製のタイヤキアイテムを作っています。

焼き物”にかけて作っているシリーズで、ペーパーウェイトやピアス、ヘアゴムなど各種ご用意しています。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

器は貼花と鎬という技法で装飾し、結晶釉やマット釉を主に使い焼いたものを出品します。窯の熱や材料の状態で比較的変化のしやすい釉薬を使っているので、一点ずつ焼き上がりが若干異なります。

マグや茶碗、リム皿など器の他にブローチなど小物も並べる予定です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松のイベントは参加の機会が少なかったので、多くの方にご覧頂けるのを楽しみにしています。