Exhabitor 2 | first-hand / ヒトトキ-人と木- <愛知>

first-hand / ヒトトキ-人と木- <愛知>
(4/1 木工 | food

①自己紹介をお願いします。

first-hand(ファーストハンド)」愛知県豊田市にて、夫婦で営む小さな家具工房。

国産材・地域材にこだわり、デザインから製作まですべての工程を2人で行っています。人と木をつなぐ活動を通して、豊かな森つくりを目指しています。

松島周平:1級家具製作技能士
松島知美:2級建築士、インテリアコーディネーター、職業訓練指導員

http://www.first-hand.jp

家具と暮らし+カフェ。「ヒトトキ人と木-」
first-handが主宰する衣食住を提案するカフェ・ショップ。

つながりのある農家さんのお米や野菜でつくるランチ、家具や暮らしの道具、全国からセレクトした日用品や食材が並ぶ他、木工教室や「食べること」「暮らすこと」に纏わる講座を開催しています。

②作品におけるポリシーを教えてください。

first-hand」コンセプトは「やさしさと家族」。

暮らしにすっと馴染み、いつも家族のまんなかにあるようなモノを作りたいと思っています。シンプルなデザイン・ディテールにこだわりつつ、昔ながらの伝統的な工法も取り入れたものづくりにこだわっています。

「ヒトトキ人と木-」

「人と木をつなげる暮らしのお店」地域の木材をふんだんに使用した店内では、丁寧に作られた日用品や、安心安全な食材を通して、私たちの考える「やさしい生活」を提案しています。

カフェでは、出来るだけ顔の見える生産者から届く素材にこだわり、毎日食べたい家庭料理をお出しします。たっぷりの野菜と、豆や雑穀、乾物に、発酵、ハーブ、スパイスがアクセント

③今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

小さな窓、ブルーグレーの壁、小さな豆電球、
子ども、おまじない。

④Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

first-hand」カトラリーや暮らしの道具のほか、豊田市産材を使った新ブランド「hitotoki」より暮らしを彩る木の小物。「ヒトトキ人と木-」里山の食材をふんだんに使った野菜たっぷりのデリやお弁当。

  1. ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

使えば使うほどに愛着が湧くモノたち。身体も心も健やかに保ってくれる毎日のごはん。
暮らしを丁寧に「やさしい生活」を楽しむ人たちの毎日が、ますます楽しくなりますよう。

DOUBLE Episode 3で素敵なひとときをお過ごしください。

Exhabitor 1 | isson-factory <滋賀>

 

isson-factory <滋賀>
(4/1.2 工藝 | 作陶) 

自己紹介をお願いします。
滋賀県大津市生まれ
京都府立陶工訓練校本科終了 京都にて轆轤(ろくろ)
修行
1994年 独立 築窯
1996年 ハンズ大賞展
1997年 日清現代陶芸「めん鉢」展
1998年-2001年、2006年 朝日現代クラフト展 

現在、松本クラフトフェア他個展

作品におけるポリシーを教えてください。
オリジナリティー

 

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?
キラキラと光る水面を渡る
たおやかな風
何かいいことが起こりそう!

 

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。
異形な輩(オブジェ)とポップなうつわ

 

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
ゆっくりと見ていただき何かを感じ、想像をふくらませてください!

 

DOUBLE Episode 3 | 2017 <開催のお知らせ>

DOUBLE Episode 3

~Le poisson d’avril  4月の魚 

▶  開催日程: 2017年4月1日(土)- 2日(日) ▶  営業時間 : 10:00-16:00

 ▶ 全国より工藝・クリエイター・アーティスト・フード他 約60組出展予定

 ▶  場所:アクトシティ浜松 サンクンプラザ http://actcity.jp

浜松市中区板屋町 111―1  大ホール前地下広場   JR浜松駅直結徒歩 2 分

-CONTENTS-

『 卯月の糸・紙・布・土 』 『 春に芽吹くひとさら 』他

ぜひ、春のスケジュールにご予定くださいませ!!

ご来場ありがとうございました!! Episode 2

2016. 10/21(fri) 22 (sat) 2日間のご来場ありがとうございました!!

今回のDOUBLE Episode 2 お楽しみ頂けましたでしょうか?

お天気にも恵まれたおかげで、地元静岡県のみならず、愛知、岐阜、三重や大阪、京都など遠方からも2日間で2000人以上の方にご来場頂きました。

初日は平日ということもあり、開場まではどうなるか内心ハラハラしていたのですが、そんな不安も吹き消してくれたほど内容の濃い1日でした。2日目は話を聞いて駆けつけてきた方やファミリーなども多く、いろいろな世代に触れて頂いたことを嬉しく思います。

またこのイベントにわざわざ足を運んでくださったゲストの方を初め、初回5月の出展者の方々、今回出展の方々、開催にあたりご尽力頂いた関係者、精力的に動き回ってくれたスタッフ、皆さんに感謝申し上げます。

ありがとうございました!!

当日の模様はまた後日アップいたします。

取り急ぎ終了のご挨拶まで。

 

西淑×DOUBLE -2017 Calendar & Postcard-    <限定販売のお知らせ>

西淑 (nishi shuku) 

× 

DOUBLE Episode 2  

イラストレーター西淑が、DOUBLE Episode 2に描き下ろしたメインビジュアルの

2017 calendar & postcardを10/21.22 2日間会場にて限定販売いたします!!

会場だけでしか手に入らないアイテムです。ぜひこの機会をお見逃しなく!!

Print

20161005cal

 

ポストカード
定型サイズ
(10cm ×14.8cm)

 

 

 

2017 calendar A3 変形サイズ
(21.0cm×42cm)

 

 

 

 

 

 

 

 

※イラストレーター西淑
http://nishishuku.net/profile/

 

 

 

Exhabitor 46 | Passeretti  <静岡>

14593268_1035552936543980_772335302_nIMG_019413562050_525763957607468_330832016_n

パセレッティ <静岡>

(10/21.22 foodcafe restaurant)

自己紹介をお願いします。

浜松街中にある、ガラス張りのカフェ。自家製にこだわったイタリアン中心のゴハン。
深夜2:00まで営業、年中無休です。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール エ ナチュール(土地と自然)」ですが、 ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

最近では、お野菜をふんだんに使ったメニューを意識しています。育った環境で、自然に出た彩りを生かして、見て食べて一緒にいる人と楽しんでいただくカフェ。出張ケータリングも展開中。植物を統合させて、より採れたて感を表現できるよう努めてます。味付けも、添加物を極力使わず、火の入れ具合、塩胡椒、素材の旨みを大切にしています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

大人気パセレッティのキッシュ、自慢のおばんざいプレート、ワイン…です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

第2回目のドゥブル。秋にちなんだ食材を利用したものをご提供致します。お店では召し上がれない特別プレートも有り。パセレッティの味をお試し頂けれたらと思います。沢山の方にお会いできるのを楽しみにしています。

Exhabitor 42 | ミツノシマ&cache cache <静岡>

img_0497img_0504

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミツノシマ・chache-chache <静岡>
(10/21.22 food textile |
ジャム 布雑貨)

自己紹介をお願いします。

M:無店舗でジャムの生産・販売をしております『ミツノシマ』です。浜松を中心にイベント販売などにし出店しております。 『絵の具のパレットのようなジャム』をコンセプトに色とりどりのジャムを生産しております。保存料などは使わず、果物や野菜も浜松で採れたものをなる狭く扱うようにしております。

C:日々の暮らしの中でほんの少し仲間に入れて貰えるような、布小物や雑貨を作っています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

M:果物や野菜の色を最大限に生かし、市販されておりますジャムよりフルーティーで素材感を大切にしております。

C:布から感じるられる植物のような優しい色合い、そして地元遠州地方で生産される綿や麻の豊かな風合いが大好きです。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

M:地場の季節モノで作ったミツノシマらしい大人アレンジのジャム。

C:リネンを中心に布雑貨と、お庭の木から作るユーカリのリースをお持ちします。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

M:イベント毎に限定品がございますのでお楽しみに!

C:楽しい出会いがありそうで、ワクワクしています。 よろしくお願いします。

Exhabitor 41 | やまこう <静岡>

img_0489 img_0490 img_0491

やまこう <静岡>
(10/21.22 | food ・オーガニックドライフルーツ)

自己紹介をお願いします。

浜松市東区で自然栽培を中心とした野菜の販売、自然食材の販売をしています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

肥料を持ち込まない自然栽培や在来の種ほどテロワール(風土の味)が実際にダイレクトに伝わるとおもっています。
日本ではかつてテロワールのことを、「ところ変われば品変わる」と呼び、旅の楽しみとして愛で、そこにいまあるものを慈しむこころが利休の美学でもあったともいいます。

近代化とともに、ワインの世界のテロワールも危機に陥り、ちいさな農家、ちいさな蔵が立ち上がり、伝統的な自然の醸造方法が、ふたたびワインや自然の多様性と豊かさを世界が愛でることに至りました。

土地に根ざしたもの、その人が生きてきた環境、どれもいいね、優劣でない価値観、「おクニ自慢」。 「みそ汁の味を受け継ぐ」という言葉も聞かなくなって久しいですが、明治以前の東洋の価値基準やテロワールはあたらしいみそづくり。次の世界をひらくキーワードとおもっています。

今回のテーマ、これからの世界、よりたのしみです。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

中東原種のローストチクピー(ひよこ豆)、原種のグリーンレーズン、7千年以上前から栽培されているといわれるデーツなど、オーガニックのドライフルーツの量り売りです。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

どこに行かなくてもこの町がいちばんいい。そんな町だらけになったらいいとおもっています。

初参加ですが、とても楽しみです!

http://www.yamakou.co.jp

Exhabitor 40 | 鈴木製茶& sachi <愛知・兵庫>

img_0484img_0488 img_0487

鈴木製茶&sachi  <愛知・兵庫>
(10/21.22 | food
・茶)

自己紹介をお願いします。

sachi 自然豊かな兵庫県但馬から
旅する日本茶デザイナーです。

日本茶インストラクター 中国中級茶藝師

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

お茶は自然のめぐみ。太陽と水と大地と風だけでできた鈴木製茶のオーガニックのお茶を、日本のハーブ、日本のフレーバーでブレンドします。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

お米が生きるブレンド。おむすびに、お団子に、お団子に、玄米、雑穀に。
日本人が食べてきた美味しいものを美味しくするお茶を。
秋冬玄米茶三種。熱々ふうふう。緑茶、紅茶、ほうじ茶をベースの玄米茶を。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松の秋風に吹かれての二日間。たくさんの方にお会いしたいです。
奏でるようにお茶をいれます。

Exhabitor 38 | みつば木工 <静岡>

14619898_1942700285782318_138571186_n14627704_1942699892449024_1094621807_n

みつば木工<静岡>
(10/21 | craft・木工・WS

自己紹介をお願いします。

木の箸やスプーンなどを作っています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

子育てのために浜松に来て、もうすぐ5年になります。
梅の剪定枝で菜箸を作るおばあちゃん、モミジの葉を飾った素麺を運動会のお弁当に持って来るママさん
…ちょっとした森の恵みを日々の食卓に取り入れている方々から、製作のヒントをもらっています。

それから、「大どろぼうホッツェンプロッツ」の森の食糧貯蔵庫や、
安野光雅さんの「もりのえほん」が大好きです。
子どものイタズラのような、ひっそりと森の一部になるような物を作りたいです。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

箸やスプーン、楊枝など(梅、タモ、カバ、クルミ他)を出品します。
間に合えば、ビワ、クロモジ、ヒイラギ、サクラを削りたいです。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

金曜日に参加します。ちらっとのぞきに来てください。

Exhabitor 37 | HUIS-ハウス- <静岡>

huis1huis4huis5

HUIS(静岡)
<10/22 | textile
・fashion>

自己紹介をお願いします。

日々の暮らしに馴染む上質な日常着”をテーマに、高品質な「遠州織物」を使用したシンプルな衣服を制作しています。
高級ブランドの生地として知られる遠州織物をすべての商品に用い、素朴で、上質な暮らしを提案しています。ユニセックスサイズを中心に、キッズサイズのシャツや小物もご用意しています。

 今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

HUISの商品にはすべてこの浜松を中心とする遠州織物を使用しています。
中でも
HUISの生地は、シャトル織機という昔ながらの機械を使って織っています。

シャトル織機は、近代の織機と比べて10倍以上も時間がかかり、
また職人さんの高い技術を必要とするとても非効率な機械ですが、
糸に負担をかけずにじっくりと織れるので、柔らかな細い糸を高密度で織ることができます。

こうして織られた生地の、ふっくらとした風合いや、繊細で柔らかな肌触りは他にはない特別なもの。
現在は海外の高級ブランドにも数多く用いられている遠州織物の品質は、
遠州地域が長い歴史の中で育んだ技術の結晶です。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

男性女性どちらにも着ていただけるユニセックスサイズ展開で、
シャツ、ジャケット、コート、ワンピースなど。
またバッグやストール、ハンカチ、スマートフォンケースなど小物もご用意しています。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

秋物の新作として、シャツ生地のアウターやオーバーサイズのワンピースなども揃いました。
直接手に触れた時の特別な風合いを、ぜひ感じていただければと思います。

http://1-huis.com

Exhabitor 36 | YKSI <愛知>

image1 image2 image3

 

designworks YKSI (愛知)
10/22 | craft・アクセサリー>

自己紹介をお願いします。
世界各国で製造されたパーツを使用しアクセサリーを制作しております。
輸入現行パーツやヴィンテージパーツなどを主に使用しております。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

喫茶店の文化が根付いている街で、喫茶店の娘として育ちました。
ものづくりに関わるお客様も多かったため 作り手の色々なお話を聞き、勉強させていただきました。
リラックスできる空間で好きな飲み物と一緒に一息つく。
まさにその習慣は今でも深く根付いており、制作の合間の一息を楽しんでおります。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。
シーンに合わせ何通りも楽しんでいただけるピアスや、装着が簡単なネックレス、
金具の主張が少ないイヤリングなどが並ぶ予定です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
幼い頃から慣れ親しんだ街で出店させていただける事になり大変嬉しく思います。
毎日身に着けたくなるようなお気に入りの1つがみつかりますように。
よろしくお願いいたします。

http://instagram.com/ yksivintagemodern