「craft」カテゴリーアーカイブ

Exhabitor 11 | 南 裕基 <愛知>

南 裕基 <愛知>
(工藝 | 木工)

①自己紹介をお願いします。

愛知県蒲郡市で木工をしており、お皿、カトラリーなどを中心に生活の道具を制作しています。
現在はイベントなどを中心に活動中です。

②作品におけるポリシーを教えてください。

木のものがあるだけで食卓が楽しくなったり、料理するのが楽しくなるものを届けたいと思っています。
また食卓が楽しくなると会話が弾み、楽しい思い出としても記憶されます。
そんな役割にもなってくれるものになればと思いながら制作をしています。

③今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

明日はどうしようかといたずら心が子どもも、大人も、きっと前日からワクワクしていると思います。そして、当日は大人も子どもも笑顔になれるそんな日。

④Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

さくらやくるみの木で作ったオイル仕上げのお皿、カトラリーを展示します。
普段使いしてもらえるように持ち心地、食べ心地などを考えて形にします。

⑤ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

木のこと、お皿のこと、料理のことなどいろいろなお話が出来るのを楽しみにしています。
よろしくお願いします。

 

Exhabitor 4 | nico glass and yarn <静岡>

nico glass and yarn <静岡>
(工藝 |アクセサリー)

自己紹介をお願いします。

nico glass and yarnと申します。
ボロシリケイトガラスとタティングレースでアクセサリーを制作しています。

作品におけるポリシーを教えてください。

カラフルだけど派手すぎない作品つくりを心がけています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

キラキラ光るうろこ
冬を越えて悠々と泳ぐ魚たち

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

これからの季節にぴったりのカラフルなピアスやネックレスなどが並ぶ予定です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めて出展させていただきます。
見ているだけでワクワクするようなアクセサリーを紹介できたらと思っています。
よろしくお願いいたします。

 

Exhabitor 2 | first-hand / ヒトトキ-人と木- <愛知>

first-hand / ヒトトキ-人と木- <愛知>
(4/1 木工 | food

①自己紹介をお願いします。

first-hand(ファーストハンド)」愛知県豊田市にて、夫婦で営む小さな家具工房。

国産材・地域材にこだわり、デザインから製作まですべての工程を2人で行っています。人と木をつなぐ活動を通して、豊かな森つくりを目指しています。

松島周平:1級家具製作技能士
松島知美:2級建築士、インテリアコーディネーター、職業訓練指導員

http://www.first-hand.jp

家具と暮らし+カフェ。「ヒトトキ人と木-」
first-handが主宰する衣食住を提案するカフェ・ショップ。

つながりのある農家さんのお米や野菜でつくるランチ、家具や暮らしの道具、全国からセレクトした日用品や食材が並ぶ他、木工教室や「食べること」「暮らすこと」に纏わる講座を開催しています。

②作品におけるポリシーを教えてください。

first-hand」コンセプトは「やさしさと家族」。

暮らしにすっと馴染み、いつも家族のまんなかにあるようなモノを作りたいと思っています。シンプルなデザイン・ディテールにこだわりつつ、昔ながらの伝統的な工法も取り入れたものづくりにこだわっています。

「ヒトトキ人と木-」

「人と木をつなげる暮らしのお店」地域の木材をふんだんに使用した店内では、丁寧に作られた日用品や、安心安全な食材を通して、私たちの考える「やさしい生活」を提案しています。

カフェでは、出来るだけ顔の見える生産者から届く素材にこだわり、毎日食べたい家庭料理をお出しします。たっぷりの野菜と、豆や雑穀、乾物に、発酵、ハーブ、スパイスがアクセント

③今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

小さな窓、ブルーグレーの壁、小さな豆電球、
子ども、おまじない。

④Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

first-hand」カトラリーや暮らしの道具のほか、豊田市産材を使った新ブランド「hitotoki」より暮らしを彩る木の小物。「ヒトトキ人と木-」里山の食材をふんだんに使った野菜たっぷりのデリやお弁当。

  1. ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

使えば使うほどに愛着が湧くモノたち。身体も心も健やかに保ってくれる毎日のごはん。
暮らしを丁寧に「やさしい生活」を楽しむ人たちの毎日が、ますます楽しくなりますよう。

DOUBLE Episode 3で素敵なひとときをお過ごしください。

Exhabitor 1 | isson-factory <滋賀>

 

isson-factory <滋賀>
(4/1.2 工藝 | 作陶) 

自己紹介をお願いします。
滋賀県大津市生まれ
京都府立陶工訓練校本科終了 京都にて轆轤(ろくろ)
修行
1994年 独立 築窯
1996年 ハンズ大賞展
1997年 日清現代陶芸「めん鉢」展
1998年-2001年、2006年 朝日現代クラフト展 

現在、松本クラフトフェア他個展

作品におけるポリシーを教えてください。
オリジナリティー

 

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?
キラキラと光る水面を渡る
たおやかな風
何かいいことが起こりそう!

 

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。
異形な輩(オブジェ)とポップなうつわ

 

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
ゆっくりと見ていただき何かを感じ、想像をふくらませてください!

 

Exhabitor 38 | みつば木工 <静岡>

14619898_1942700285782318_138571186_n14627704_1942699892449024_1094621807_n

みつば木工<静岡>
(10/21 | craft・木工・WS

自己紹介をお願いします。

木の箸やスプーンなどを作っています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

子育てのために浜松に来て、もうすぐ5年になります。
梅の剪定枝で菜箸を作るおばあちゃん、モミジの葉を飾った素麺を運動会のお弁当に持って来るママさん
…ちょっとした森の恵みを日々の食卓に取り入れている方々から、製作のヒントをもらっています。

それから、「大どろぼうホッツェンプロッツ」の森の食糧貯蔵庫や、
安野光雅さんの「もりのえほん」が大好きです。
子どものイタズラのような、ひっそりと森の一部になるような物を作りたいです。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

箸やスプーン、楊枝など(梅、タモ、カバ、クルミ他)を出品します。
間に合えば、ビワ、クロモジ、ヒイラギ、サクラを削りたいです。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

金曜日に参加します。ちらっとのぞきに来てください。

Exhabitor 36 | YKSI <愛知>

image1 image2 image3

 

designworks YKSI (愛知)
10/22 | craft・アクセサリー>

自己紹介をお願いします。
世界各国で製造されたパーツを使用しアクセサリーを制作しております。
輸入現行パーツやヴィンテージパーツなどを主に使用しております。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

喫茶店の文化が根付いている街で、喫茶店の娘として育ちました。
ものづくりに関わるお客様も多かったため 作り手の色々なお話を聞き、勉強させていただきました。
リラックスできる空間で好きな飲み物と一緒に一息つく。
まさにその習慣は今でも深く根付いており、制作の合間の一息を楽しんでおります。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。
シーンに合わせ何通りも楽しんでいただけるピアスや、装着が簡単なネックレス、
金具の主張が少ないイヤリングなどが並ぶ予定です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
幼い頃から慣れ親しんだ街で出店させていただける事になり大変嬉しく思います。
毎日身に着けたくなるようなお気に入りの1つがみつかりますように。
よろしくお願いいたします。

http://instagram.com/ yksivintagemodern

Exhabitor 34 | niu. <静岡>

img_4143img_2674img_4016

niu <静岡>
(10/22 | craft
・ウッドアクセサリー)

自己紹介をお願いします。

木と異素材を組合わせたアクセサリーブランドのniu.です。
2015.9に浜松市でスタートさせ、現在は沼津を拠点に東海・関東エリアのイベントと委託販売で活動しております。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

出身は長野県で、周りを見渡せば山が連なっており、自然と人間との距離が近い場所で育ちました。
その影響からか、山の匂いを感じると、とても落ち着きます。
物作りを始める際、木を主体に選んだ事も、ごく自然の流れだった様に感じます。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

主にピアス・イヤリングとブローチをお持ちする予定です。
terroir et natureというテーマをイメージした限定カラーのアイテムも考えております。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松でのイベントは約1年振りとなります。
以前住んでいた見慣れた場所での出展が、とても嬉しいです。
どうぞ、宜しくお願いします!

http://instagram.com/niu_mako

 

Exhabitor 33 | 靴logi <愛知>

14571854_814853771985085_1214111023_o 14625793_814853775318418_1711516468_o 14618792_814853765318419_611275133_o

logi <愛知>
(10/21.22 | craft・靴 革)

自己紹介をお願いします。

愛知県蒲郡市の小さな古いお茶屋さんを改装した店舗兼工房で、
靴やバッグなど革製品を製作している靴
logi(くつろぎ)です。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

自然が好きで、子供達の未来に少しでも良い環境が残せるよう
サスティナブル
(循環可能性)を意識したモノ作りをしています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

主にタンニン鞣し革を使った靴やバッグを製作し、海のもの(シーグラス)や山のもの(オニグルミ)と革を組み合わせた小物のほか、獣害として駆除される猪や鹿の革を使った作品を販売します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

個人的には久しぶりの浜松です。 イベント開催する日程としては珍しい平日もあり、
普段あまりお会いすることのない方もいるかと思います。
たくさんの方々にお会いできることを楽しみにしています。

http://www.kutu-logi.jimdo.com

 

Exhabitor 29 | nikoworks <愛知>

img_044414344723_1357712357591325_2134211793075129153_nimg_0300

nikoworks <愛知>
(10/22 | craft・木工)

自己紹介をお願いします。

nikoworksです。
カッティングボード中心の木工作品を製作しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

日々の暮らしの中に
木のnukumoriが彩を添えられると嬉しいです。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

カッティングボードや木工のブローチなどが並びます。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

静岡のみなさん

どうぞよろしくお願い致します。

Exhabitor 20 | RITON <岐阜>

_1019293 dscn4325dscn4481

RITON (岐阜)
<10/22 | craft
・家具 木工>

自己紹介をお願いします。
岐阜県各務原市にて家具工房をしています。
国内外より厳選した無垢材をベースに金属などの異素材を組み合わせながら
RITON
でしか生まれ得ない空間を豊かにする美しい家具を目指して日々製作しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

「土地と自然」、家具にとってはまさに切っても切れない縁となります。
土地の上に家が建ち、土地の上に伸びる自然の恵み「木材」を利用し家具を製作する。
家具作りの全てはこの「土地と自然」という土台の上に成り立っていると言っても過言ではないと思います。
家具製作をする時、大きな背景としてはやはり常に「自然」というものの存在が意識の中にあり
その自然との調和を少なからず図ろうとしていると思います。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

RITONのオリジナル家具に加え、イベントのみで発表している小物なども展示します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。


まずは家具に触れてみてください。
言葉ではなくその手から伝わる感覚が全てを語ってくれると思います。

http://riton.jp 

 

Exhabitor 14 | KoyagiとKiりN <愛知>

img_0379img_0378img_0377

KoyagiとKiりN(愛知)
< 10/21, 22 | craft
・アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

真鍮と古道具など、いろんな素材を組み合わせた彫金アクセサリー作家【コヤギ】。
KoyagiKiNは日常に寄り添い、身につけると人と会いたくなるような
アクセサリーを日々制作しております。お会いできることを楽しみにしております。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール エ ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

心地よい空気を感じる場所やモノ、ひととの出会いを大切にしたいと思っております。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

真鍮を主に使用した彫金アクセサリーと、
真鍮と古道具を組み合わせた普段使いのアクセサリー。
ピアス、イヤリング、リング、ブローチなど。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

愛知県を拠点に活動しておりますアクセサリー作家KoyagiKiNです。
浜松で素敵な出会いがありますように。おまちしております。

http://koyagi-yuki.petit.cc

Exhabitor 10 | clé <岐阜>

img_2831img_1637img_2563

clé(岐阜)
<10/22 | craft textile・アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

着心地にこだわった柔らかなシルエ ットの大人服と
自然界にある天然素材やビーズなどを用いて
植物をイメージした美しく繊細なディテールのアクセサリーを
制作しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

自分が生まれ育った土地は空気が澄んでいて、
自然界の流れが肌で感じる所です。
雨の匂い、風の流れ、山の色、川の音、
そのすべてが五感そして六感を刺激し今の作風に影響していると思います。

そして、さらにインスピレーションを得るのは、「旅」です。
旅先で見る土地、匂い、空間、人、建物、風土、習慣…。
新しい流行を見ることも参考になりますが、その土地の雰囲気を
肌で感じる事を常に心がけています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

植物をモチーフにした繊細なアクセサリーと
思わず手に取ってしまう大人服です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

繊細で上品な作品を是非見に来て下さい。
皆様のお越しをお待ちしています。

http://Instagram.com/cle1122