DOUBLE KOBE 2022 出展者紹介86-90

Pocket

出展作家紹介 86

TAMTASOBI GINGER <愛知>

◎フード
ジンジャーシロップ

⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄
愛知県豊橋にある水上ビルと言われる古い問屋街でジンジャーシロップの製造を行なっています。
高知県産の生姜を使ったシロップは炭酸で割ればジンジャーエール、紅茶で割ればジンジャーティーと様々な使い方が可能です。
気分によって使い分けの出来る各種フレーバーをご用意いたしますので、是非お試しいただけると幸いです。

@temtasobi.ginger

出展作家紹介 87

米粉sweets kinun. / 横田 絹佳<兵庫>

◎菓子
焼菓子、生菓子など

⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄
愛知県田原市産の米粉と旬の食材を使った米粉のお菓子を作っています。神戸花隈 坂を上がった小さな工房
「atelier kinun.」

旬の食材やお花をつかった米粉の焼き菓子をご用意します。

@kinun.v

出展作家紹介 88

coffee uno / 樋口 晶生 <三重>

◎フード
コーヒー、焼菓子

⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄
三重県鈴鹿市のスペシャルティコーヒー専門店
coffee uno です。
こころを豊かにするコーヒーをお届けします。

Enjoy coffee!

@coffee_uno

出展作家紹介 89

おにぎりやさん / 杉江 さおり<愛知>

◎フード
土鍋炊きおにぎりと
玄米焼きおにぎりだし茶漬け

⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄
愛知県名古屋市で、テイクアウト専門の「おにぎりやさん」という名前のおにぎりやを営んでおります。

「お米のある暮らし」をテーマに、お米をいかにおいしく食べられるかの一つとして、おにぎりをにぎっています。農家さんから直接仕入れた自然栽培米を、白米は土鍋で、玄米は圧力鍋で。それぞれのお米のポテンシャルを引き出す炊き方で炊き、ひとつずつ真心を込めて手にぎりをしています。

1日目は、自家製の具材や季節の素材を炊き込んだおにぎり、もちプチ食感の玄米おにぎりなどをお持ちする予定です。
2日目は、玄米おにぎりを焼きおにぎりにして、だし茶漬けにてお召し上がりいただきます。

関西エリア初出店です!

お米好きなみなさまのお腹を満たせるよう、がんばります。
ぜひぜひお立ち寄りください。

⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗
#土地の記憶にいまをかさねる

粉ものも好きだけれど、やっぱり食べたいものはお米。日本人にとって当たり前にあるお米の価値を上げられればと思いながら、普段おにぎりをにぎっています。「あぁ、やっぱりお米だよね〜」と言ってもらえたら、大成功!地元の農家さんと連携を取りながら、”おいしい”にこだわったものを作り、たくさんの方に紹介できればなと思っています。

@onigiriyasan_

出展作家紹介   90

sou.fil. / 馬場 智美<京都>

◎フード

ハーブティー・ハーブソルト
⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄⋄

ひとつひとつ丁寧に一回分ずつのハーブティーをブレンドしています。
植物の色や形、五感や季節を感じながら植物たちを身近に楽しんでもらえるようなものを、制作しています。
⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗ ⁗

#土地の記憶にいまをかさねる

教会の寄宿舎だった築100年になる白亜荘という建物にアトリエがあり、そこで静かにハーブをブレンドして製作しています。

@sou.fil.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。