Exhabitor 37 | 湯浅ロベルト淳 <静岡>

Pocket

湯浅ロベルト淳 <静岡>
4/1 工藝・木工

1自己紹介をお願いします。

ブラジルサンパウロ生まれ、湯浅ロベルト淳と申します。

 山の中の古民家工房で木の暮らしの道具を作っています。

2作品におけるポリシーを教えてください。

毎日使って欲しい、そんな思いで使い勝手の良い道具作りを心がけています。

3今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは? 

エイプリルフールは子供の頃の良い思い出です。

4 Episode 3 ではどんなメニューや作品が並びますか。 

木の器、カトラリーや漆器。

5ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

木の種類のこと、使い方、手入れについてなど、何でも聞いてください。

 経年変化があり、手になじむ木の道具は、毎日使うことでますます愛着が湧きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です