Exhabitor 24 | TAMO’S BAKERY <静岡>

img_0406 img_0407 img_0408

TAMO’S BAKERY (静岡)
<10/22 | food・パン>

自己紹介をお願いします。

掛川市日坂のお山の上にあるパン屋、TAMO’S BAKERYです。
店舗はありませんが、月に一度の自宅販売とイベント出店をしています。

本業はお茶農家で掛川を代表する深蒸し茶を作っています。
やぶきた茶の他に4品種のお茶を栽培し、荒茶に加工するまでを行っています。

自慢のお茶を使ったパンや畑で収穫した野菜や果物、
地元で採れたものを使い、農家ならではのパンを焼いています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

山の中にある茶畑で、季節の移り変わりを毎日肌で感じながら仕事をしています。
お茶は、気温や雨量、風の強さや霜などの天候によって芽の伸びが変わってしまいます。
どうしてもお天気頼みの部分も多いのですが、それでも良いお茶を育てようと、
色々と試行錯誤しながら頑張っています。

その中でも土作りが重要となってくるのですが、昔から続けられてきた
【茶草場
(ちゃぐさば)農法】が、2013年に世界農業遺産に認定されました。

これは茶園の周辺にある草刈り場で、秋〜冬にかけススキやササを刈り取り、
それを細かくして茶畑のまわりや畝間に敷くという古くからの農法です。

草を敷く事で土の乾燥を防いだり、保温効果があったり、
時間をかけて分解されることにより土が軟らかくなります。

そして定期的に草を刈る事で、強い植物ばかりが生い茂るのを防ぎ、
陽の光が入り、生存競争に弱いさまざまな植物が生息することができます。

代々、畑の為に当たり前のようにやってきた事がまわりの自然も守っていたんだ!
という発見が、とても嬉しく思います。

農家はただ作物を作るだけでなく、まわりの山や植物、虫なども守っていて、
自然と共存している仕事だということを強く感じています。

パン職人として働いてきた私が、茶農家に入り体験している日々の生活や、
お茶や自分で収穫した季節ごとの旬の恵みなどを、
パンを通して紹介していきたいなと思っています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

色がとても綺麗な【あさつゆ】というお茶を使ったパン、
この夏
&秋に収穫した野菜を使ったパンを作る予定です。

  ・お茶とカシューナッツのカンパーニュ

  ・お茶マーブル食パン

  ・栗100%の栗あんぱん

  ・かぼちゃぱん

  ・さつまいものエピ など。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めての参加です。よろしくお願いします!
ゆっくり丁寧に、時間をかけてパンを作っています。
優しい味がする農家のパン、ぜひご覧ください!

そして、今年初めて霜の被害にあわなかった【さえみどり】というお茶を持っていきます。
とてもまろやかで、色が綺麗な深蒸し茶なので、ぜひ味わってみてくださいね!

http://www.facebook.com/tamosbakery

Exhabitor 21 | つつむ <静岡>

img_0577 img_6598 img_8011

つつむ (静岡)
10/22 | textile・fashion >

自己紹介をお願いします。

〜身体をやさしくつつみ込む気持ちよい服つくり〜をコンセプトに、
ヒマラヤの国ネパールで、なるべく電気使わず、
手仕事の温もりを感じられるものつくりをしています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい

麻、シルク、羊毛などの天然繊維を使い、
手紬、手織り、手編みの昔ながらの手仕事にて制作しています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

あたたかいモヘアの手編みセーターや、
カシミアのショールなど、秋冬の装いに合った作品が並びます。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

今回初めて参加させていただきます。よろしくお願いします。

http://tsutsumufuku.com/

Exhabitor 20 | RITON <岐阜>

_1019293 dscn4325dscn4481

RITON (岐阜)
<10/22 | craft
・家具 木工>

自己紹介をお願いします。
岐阜県各務原市にて家具工房をしています。
国内外より厳選した無垢材をベースに金属などの異素材を組み合わせながら
RITON
でしか生まれ得ない空間を豊かにする美しい家具を目指して日々製作しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

「土地と自然」、家具にとってはまさに切っても切れない縁となります。
土地の上に家が建ち、土地の上に伸びる自然の恵み「木材」を利用し家具を製作する。
家具作りの全てはこの「土地と自然」という土台の上に成り立っていると言っても過言ではないと思います。
家具製作をする時、大きな背景としてはやはり常に「自然」というものの存在が意識の中にあり
その自然との調和を少なからず図ろうとしていると思います。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

RITONのオリジナル家具に加え、イベントのみで発表している小物なども展示します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。


まずは家具に触れてみてください。
言葉ではなくその手から伝わる感覚が全てを語ってくれると思います。

http://riton.jp 

 

Exhabitor 19 | tete <静岡>

13112946_1784487428458723_2302490048811312135_o 14355564_1784487068458759_5980863291005679944_n14372441_1784487158458750_6439441601298592922_o 14369899_1784487088458757_6311710720582165870_n

tete <静岡>
10/21.22 | entertainment・アートユニット

自己紹介をお願いします。

自己紹介 tete 浜松市で活動をしている
natsukiiin(日本画)akira muracco(イラスト)がコラボしたアートユニットです。
異なる分野で活動する私たちが、
それぞれの感性を共有し新たな手法で「表現する」ことを試みます。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

ともに、自然のモチーフを普段から取り入れています。
この土地で生まれ育った私たちがつくり出す「もの」とは人工物ではなく自然なのかも知れません。
意思と手を介して生み出されるものは人工物でしょう。
それでもやはり、人が生み出すものは自然だと私たちは思ってしまうのです。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

主にライブペイントです。(また、形と色にこだわった陶器ブローチを販売の予定です。)

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

私たちの「描くこと」「つくること」が、あなたの日常として手にとってもらえますように。

 

Exhabitor 17 | Pipacs antiques <愛知>


14384042_1016775068421872_1402007777_n14384016_1016775105088535_889516403_nimg_0386

 

Pipacs antiques<愛知>
antiques | 欧州ブロカント)

自己紹介をお願いします。

欧州の蚤の市をまわり趣のあるものを集めています。店舗を持たずイベントを中心に活動しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール エ ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

私の背景にあるもの それは旅です。
ザルツブルグの蚤の市に向かうバスを間違えて降りたら、極上のケーキをご馳走になったり、ベルギーで同じ名前の違う土地に翻弄され終点にあった教会のミサの歌声に感動したり、
陶器のルーツを探るためにトランシルバニアに訪れた時には、
偶然にも憧れの方にお会いできたり。
実はエストニアの毛糸もそんな旅が導いてくれた宝物の一つです。
今までの旅の中でいちばん過酷で いちばん落ち込んで いちばん幸せな気持ちになった
いちばん印象的な旅でした。あのしんどさとショックがなければ きっと出会うことのなかった毛糸です。
そんな物や人と巡り合わせてくれる旅、これこそが私の原動力になっています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

チェコや旧ソ連のピンバッチ、ハンガリー手紡ぎのリネン、ベルギーのレースや
オランダのスケート靴など 欧州のブロカント エストニアの毛糸 プレヤーンも持っていきます。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

プレヤーンは撚りがかかっていないので 縮絨したり、
ニードル針で刺したりいろいろ遊べる毛糸です。静岡には初めて持っていきます。
ぜひ手にとってごらんください。
旅の話だけでも、ぜひお気軽にお声掛けください。

http://instagram.com/pipacs_antiques.ane

Exhabitor 16 | nonco. <愛知>

 

img_0429img_9331img_9369

nonco.<愛知>
10/22 | textile・染め

自己紹介をお願いします。

nonco.   染色デザイナー
ろうけつ染めなどの技法で染色しています。
一点、一点全て手書き染めで色と遊ぶ感覚で制作しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール エ ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

「知多木綿」を使用した作品をご用意しています。
地元で織られている木綿の品質の良さを皆さまにも感じていただけたら嬉しいです。 

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

 ベレー帽、バッグ、 ストール、靴下など。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めての出展となります。
作品を手に取って頂き、色の楽しさを感じていただけたら嬉しいです。

Exhabitor 14 | KoyagiとKiりN <愛知>

img_0379img_0378img_0377

KoyagiとKiりN(愛知)
< 10/21, 22 | craft
・アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

真鍮と古道具など、いろんな素材を組み合わせた彫金アクセサリー作家【コヤギ】。
KoyagiKiNは日常に寄り添い、身につけると人と会いたくなるような
アクセサリーを日々制作しております。お会いできることを楽しみにしております。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール エ ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

心地よい空気を感じる場所やモノ、ひととの出会いを大切にしたいと思っております。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

真鍮を主に使用した彫金アクセサリーと、
真鍮と古道具を組み合わせた普段使いのアクセサリー。
ピアス、イヤリング、リング、ブローチなど。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

愛知県を拠点に活動しておりますアクセサリー作家KoyagiKiNです。
浜松で素敵な出会いがありますように。おまちしております。

http://koyagi-yuki.petit.cc

Exhabitor 13 | 人々 <愛知>

14262918_1243393209027081_974406035_n14482676_188056144959383_7957749619738279936_n14262842_1687182281608664_1842424992_n

人々(愛知)
<10/21 | food・焼菓子>

自己紹介をお願いします。

愛知県知多半島の焼菓子や『人々』です。
東海エリアを中心に季節のキッシュ・タルトを販売しております。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

焼菓子の中心となる小麦は、地元・愛知産の農薬不使用なものを使用しております。
旬の食材を織り交ぜ、食卓がちょっと楽しくなるようなキッシュやタルトをお届けいたします。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

キッシュ、タルトを中心にご用意いたします。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

秋のdouble会場にて、皆様にお会いできることを楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

http://instagram.com/ins.hitobito

Exhabitor 12 | nuuMonpe <静岡>

img_0338 img_0339 img_0355

Nuumonpe(静岡)
<10/22 | textile・fashion>

自己紹介お願いします。

手づくりもんぺとオリジナルTシャツのnuuMonpeです。
かわいいだけでなく着心地や肌触りに
こだわり麻や綿の生地を使ってもんぺを作っています。
nuuMonpeは「縫うモンペ」です。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

私たちは山奥に住んでいます。夏の夜は虫がうるさくて、冬の夜空には星がどっさりで、
ツバメは毎年やってくるし、クモはちょっと信じられないくらい大きく育ちます。
玄関を出て3分も歩けばヤッホーと言いたくなるような場所に到着します。
猪や鹿に遭遇することもあります。コンビニなんかないけど、あまり不便だとか思いません。
こんな土地での生活がどういう風に製作に影響しているかわからないですが、
ここでの生活が紡ぎ出す柄が、私たちのいろんな取捨選択にくっきりと影響しているのは確かだと思います。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

普通タイプのもんぺに加え幅広もんぺや子供用もんぺを販売します。
シルクスクリーン印刷やインクジェット印刷のTシャツと、
筆で直接イラストを描いた
Tシャツも販売します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

静岡県島田市からの参加です。浜松でのイベント参加は初めてなので、
どんな人に出会えるのか今からとても楽しみにしています。

http://nuumonpe.tumblr.com

Exhabitor 11 | Pacaya coffee × World’s Favorite Sandwich centre <東京>

img_137413179299_1702339783360652_8065971000914531882_n1u3a8154

Pacaya coffee × World`s Favorite Sandwich centre (東京)
10/21.22 | foodcoffee

① 自己紹介をお願いします
Pacaya Coffee
は『日常に溶け込む』NO WAVE coffee
特別にカスタムした60年代の焙煎機でじっくり焼き上げた
グアテマラの豆を使用した、雑味も酸味も極力抑えた香り高いハンドドリップコーヒーを提供しています。
どんなシチュエーションにも合う3種類のブレンドと、季節の手作り茶菓子もご用意しております。

② 
今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

Pacaya Coffeeの豆はグアテマラ産の豆にこだわり、
日本では焙煎に一番適した土地として静岡を選び、
ヴィンテージロースターを使ってしっかり焙煎しております。
静岡は気温が一年通じて安定しており、焙煎には大変適しています。 

③ Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

初参加となりますEpisode 2では
NO WAVE coffee

Quetzal Blend
PEAKS Blend
CALMO Blend
3
種類のハンドドリップコーヒーと豆の販売

99%カフェインレスのほんのり甘いカフェミルク
Pacaya
オリジナルスイーツ『あずきバターサンド』や、
フランスの郷土菓子パンデピスを提供予定です!

誰でも簡単にドリップできる、
coffee beakCloth Filterも数量限定でご用意しています。

④ ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

Pacaya coffeeは旅するコーヒースタンドです。
その風土でしか味わえない一杯を提供するため、
極力地元の湧き水を汲んでドリップに使用しています。

一杯一杯丁寧に入れるので時間はかかりますが、
コーヒーを通じて会話できるその時間も大切にしています。

温かいコーヒーでお待ちしております。ぜひお越しください。

https://pacayacoffee.stores.jp

 

Exhabitor 10 | clé <岐阜>

img_2831img_1637img_2563

clé(岐阜)
<10/22 | craft textile・アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

着心地にこだわった柔らかなシルエ ットの大人服と
自然界にある天然素材やビーズなどを用いて
植物をイメージした美しく繊細なディテールのアクセサリーを
制作しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

自分が生まれ育った土地は空気が澄んでいて、
自然界の流れが肌で感じる所です。
雨の匂い、風の流れ、山の色、川の音、
そのすべてが五感そして六感を刺激し今の作風に影響していると思います。

そして、さらにインスピレーションを得るのは、「旅」です。
旅先で見る土地、匂い、空間、人、建物、風土、習慣…。
新しい流行を見ることも参考になりますが、その土地の雰囲気を
肌で感じる事を常に心がけています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

植物をモチーフにした繊細なアクセサリーと
思わず手に取ってしまう大人服です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

繊細で上品な作品を是非見に来て下さい。
皆様のお越しをお待ちしています。

http://Instagram.com/cle1122

Exhabitor 9 | 似顔絵eno <愛知>

14388874_882590481842188_302133476_n14375362_882590658508837_1163308591_o

img_0344

似顔絵eno
<10/22 illust&design・似顔絵>

自己紹介をお願いします。

似顔絵enoです。ダーマトグラフで描く似顔絵屋さんをしております。
さりげなく飾れる、ラフなタッチを持ち味としています。

FB 「似顔絵enoInstagram @hanaeno @enosdrawing(ドローイング用)

今回のテーマは「terroir et nature テロワール・エ・ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

道草が大好きで、川を身近に感じて育った私にとって光の存在はとても身近で、
無意識的な美の基準でした。絵を学ぶ歳になって初めて、光が与える力や美しさを知りました。
モノクロの絵の中にも、光があたる、密やかな美しさを、
気取らずにさりげなく表現できればと考えています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

似顔絵 ダーマトグラフ 黒、茶、紺から1
クラフト紙
orわら半紙 おひとり1,000円、15分程です

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

前回も出させていただき、2回目の出店となります。
皆さまの素敵な笑顔がたくさん描けるのを楽しみにしています
^^
こっそり美味しい浜松のごはんを教えてください!笑

http://enosdrawing.jp