Exhabitor 30 | aei <愛知>

aei <愛知>
4/1 工藝・金工・ジュエリー

自己紹介をお願いします。

愛知県常滑市の自然の中で金属加工を用いて、ジュエリーやオブジェ、生活の道具を制作しているaeiです。

aei(アエイ)は19世紀頃にギリシャにて結婚指輪によく刻まれていた言葉。 “永遠”の意味があります。

作品におけるポリシーを教えてください。

いつもは見落としがちな小さなものや、季節を感じられるもの。

日々の生活の中に何気なく存在する、ささいな美しさに少し近づけるものづくりを目指しています。

作品を目にした時、手にとった時の感情を大切に、ものづくりをしています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

aeiの作品には、ひとつひとつに物語があります。それは神話のように、存在するものから、しないものまで。「こんなのあったら素敵だね」「こんなもの初めて見た!」なんて思っていただけたら嬉しいです。

普段の生活を少し放れられる時間を、来場者の方と楽しめたらと思います。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

春を彩るジュエリーやアクセサリー、小さなアート作品やカトラリーなどの道具たちをお持ちします。

今回はテーマに合わせて、四月の魚ブローチも少しだけ制作しようと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

春の暖かい太陽のもとでお会い出来るのを楽しみにしております。

みんなで“あお”をまとって楽しみましょう。

Exhabitor 29 | 佐渡 勝行 <長野>

佐渡 勝行 <長野>
textile | 染織

自己紹介をお願いします。
長野県富士見町で植物染料を使った染色をしている工房です。
主に手ぬぐい、帆布を使用した袋物などを制作しています。

作品におけるポリシーを教えてください。
型や基本を大事にしながらも直感的に作品を作れたらと思っています。
それと手間はかけても、そこに無理が生じない連続性や必然性を見る
よう心がけています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?
逃した魚ではないですが、もう少し若いころは何かを得るために猛烈に
前に進もうとしていた気がします。だから成果への期待も大きかった、、。
今は、出きるだけのことをマイペースにやって失敗しても冗談が言えるくらいには
心にゆとりができた気がします。冗談を言うほうも言われる方も、余白(ゆとり)が
十分ないと楽しめないよーに思うので「四月の魚」は心の余白ということにしておきます。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。
定番の手ぬぐいをはじめ、春の光を通す柔らかな布を使用した
ストール、藍染めのブルーの作品を多く選ぼうと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
春らしい心地の良い空間作りができたらと考えています。
柔らかな布たちの展示を是非見に来て下さい。

 

Exhabitor 27 | tulala works <愛知>

tulala works <愛知>
工藝・アクセサリー

自己紹介をお願いします。

tulala works(ツララワークス)愛知でイベント出展を中心に活動をしています。

バーナーでガラスを溶かしてひとつひとつ手作業でパーツを制作し、アクセサリーに仕立てています。
透明感溢れるガラスを日常に。
四季折々の自然や記憶の中の特別をカタチに…
身につける方にそっと寄り添い引き立てあえるような
アクセサリーを提案しています。

 作品におけるポリシーを教えてください。

目には見えないような美しさや
遊び心を兼ね備えた作品づくりをしていきたいと思っています。

  今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

 ユーモア 想像力

 Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

これからの季節にぴったりな花や植物をイメージしたデザインの
ピアスやネックレスなどを検討しています。

 ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松での出展は今回で2回目になります。
春のふんわりとした空気の中doubleに参加させていただけることを
とても楽しみにしています。

お気に入りを探しに遊びにいらしてくださいね。

Exhabitor 26 | ミツノシマ <静岡>

ミツノシマ <静岡>
4/1 food・ジャム 

自己紹介をお願いします。

こんにちは♪ミツノシマです。浜松でジャムの生産・販売をしております。
店舗はなく、主に販売形態は、イベント出店とさせていただいております。
イベント毎に限定のジャムをご用意しており、出店時には2030種類のジャムが並びます。

委託販売・ホテル・BARcaféでのメニュー
展開・ジャム作り・ドレッサージュなどの教室もしております。

『絵の具のパレットのようなジャム』をコンセプトに色彩豊かなart感覚のジャムをお楽しみいただけます。パンに塗るだけではなく、ドリンクやソースとしての食べ方なども合わせてお知らせさせていただいております。

作品におけるポリシーを教えてください。

色や素材感を大切に目で見ても口に含んでも楽しんで頂けるジャムを生産しています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

キラキラ

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

旬の素材や春ということもありお花を少し使ったジャム、パステルカラーになるようなものに仕上げる予定です。

限定ジャムも用意します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

限定のジャムは、個数制限は設けませんが、数が少ないのでお早めのご購入をオススメします。ミツノシマのワンスプーンが皆様の食卓を豊かに彩り、美味しくて楽しいをお届けいたします♪

Exhabitor 25 | Masashi Akiyama Pottery Works <静岡>

Masashi Akiyama Pottery Works <静岡>
(工藝・作陶) 

自己紹介をお願いします。

京都の専門学校で陶芸を学び、2012年から静岡県焼津市を拠点に陶芸作家として活動しています。

各地のクラフトフェアやハンドメイド関連のイベント、デパートやギャラリーでの企画展等に参加しながら活動しています。

作品におけるポリシーを教えてください。

器は使いやすくて、長くお使い頂けるものを作れるように心がけています。

特にマグや茶碗など手に持って使うものは、手になじむ軽さに出来るように気をつけています。ぜひお手に取ってご覧下さい。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

年中作っているので四月の魚と言えるかわかりませんが、陶器製のタイヤキアイテムを作っています。

焼き物”にかけて作っているシリーズで、ペーパーウェイトやピアス、ヘアゴムなど各種ご用意しています。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

器は貼花と鎬という技法で装飾し、結晶釉やマット釉を主に使い焼いたものを出品します。窯の熱や材料の状態で比較的変化のしやすい釉薬を使っているので、一点ずつ焼き上がりが若干異なります。

マグや茶碗、リム皿など器の他にブローチなど小物も並べる予定です。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松のイベントは参加の機会が少なかったので、多くの方にご覧頂けるのを楽しみにしています。

Exhabitor 23 | くらや珈琲 <静岡>

 

くらや珈琲 <静岡>
4/1 (food
・珈琲) 

自己紹介をお願いします。

浜松市の姫街道沿いにある小さな自家焙煎珈琲店です。

昔からコーヒーの苦さや渋さが苦手で飲めなかった私ですが、あるとき出会った珈琲は、とてもフルーティーな甘味が口の中に広がり、とても美味しく感じました。

そんなくらや珈琲店は、日本人の味覚にあった甘味のある珈琲をお届けしています。

作品におけるポリシーを教えてください。

安心して毎日楽しめる甘味のあるコーヒーを提供しています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

ジョーク効いたサプライズ。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

自家焙煎コーヒー豆数種類、ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスカフェオレ、シフォンケーキ、カシューナッツ、焼菓子など

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

第三回で、三回目の出店となります。

形が整ってきた良さをお楽しみ頂ければと思います。

Exhabitor 22 | MA&CO accessories <愛知>

MA&CO accessories <愛知>
(工藝・アクセサリー) 

自己紹介をお願いします。

MACO accessories マ―アンドコ―
真鍮やシルバ―素材を、旅先で出会った物やヴィンテ―ジパーツと組み合わせたハンドメイドアクセサリー

作品におけるポリシーを教えてください。

アンバランスなバランス をテ―マに

大きいもの 小さいもの

柔らかいもの 固いもの

古いもの 新しいもの

有機的なもの 無機質なもの

いろいろの境界線をつくらず

その時々に感じたことをカタチに落とし込み

日々製作しています

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

入学や就職など季節に吹く、新鮮な気持ちのような事でしょうか?

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

旅先で出会った素材をもとに、春夏の装いに合うアクセサリーを製作したいと思います

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松のゆったりとした空気が好きです。

たくさんのお客さんとお話できることを楽しみです。

Exhabitor 21 | OneMade <長野>

OneMade <長野>
(textile・染織)

自己紹介をお願いします。

ハンドメイド子供服~OneMade ワンメイド~

長野県飯田市を拠点にクラフト出展を中心に活動中。
2017年秋頃、長野県飯田市八幡町に約250年前の古民家を移築した店舗をオープン予定。

田中美香

服飾専門学校卒業後、縫製業の製造部門、仕入販売部門、店頭販売、ウェブ
営業部門と約10年間アパレル業界に従事。自分の子供に着せたいと思う子供服になかなか出会うことができなかった事がきっかけとなり子供服を作るようになりました。

OneMadeの洋服を着て沢山の思い出を作って欲しいと思います。

作品におけるポリシーを教えてください。

コンセプト

『子供への思いを縫い叶えるハンドメイド子供服OneMadeワンメイド~』

11つ丁寧に作るという意味と一人一人のお客様に対応したモノづくりをしたいという思いを込めてOneMadeと名付けました。成長の早い子供でも少しでも長く愛用できるように心を込めて製作しています。

また1つのものを大切に愛用して欲しいという思いから、セミオーダーやアフターメンテナンスにも対応しています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

木々の緑が美しく、新生活がスタートする素敵な季節が4月。

新しい世界にワクワク、好奇心旺盛で興味深々の稚魚。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

幼少期にぴったり。シルエットが可愛いサロペットやロンパース。
着回しの効くリバーシブルキャスケット。フリルが愛らしいブラウスやワンピースなどbaby120サイズくらいまでのお子様の服や小物が中心に並びます。

また私の活動拠点でもある長野県飯田市の伝統工芸でもある“水引”を使用したアクセサリーやラッピングもご紹介できればと思っています。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

OneMadeワンメイドとして今年初出展になります。

お会いできるのを楽しみにしています。

Exhabitor 20 | NOTA <愛知>

NOTA (愛知)
textile・仕立

自己紹介をお願いします。

NOTA(ノタ)」〜愛知県名古屋市〜
Bespoke Tailor を中心とした洋服・小物を仕立てています。
「丁寧な装い 装うたのしさ」をご提案したいと思います。

作品におけるポリシーを教えてください。

Classic Elegance

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

「新しい装いの始まり」

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

Lady’s pret(ベーシックなデザインのものと、アンティーク・ヴィンテージパーツを使用したデザインのもの)

pochette/head accessory(アンティーク・ヴィンテージパーツを使用したバッグ・小物)

bowtieBespoke Tailor の生地とヴィンテージスカーフを使用した蝶ネクタイ)

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

名古屋から初めての参加になります。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

Exhabitor 19 | noix <静岡>

noix

noix <静岡>
4/2 (food・焼菓子)  

自己紹介をお願いします。

テイクアウトのみの小さなケーキ屋です。

甘さ控えめでシンプルなケーキです。 

  

作品におけるポリシーを教えてください。

何度も何度も試作を重ね、

納得の出来るものを

ひとつひとつ丁寧に作っています。

  

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

定番のcakeやイベント限定の焼き菓子を持っていきます。 

  

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

たくさんの素敵な 笑顔に出逢える事を

楽しみにしています。


Exhabitor 18 | 阿部 恵里 <愛知>

阿部恵里 <愛知>
4/1 工藝・作陶 

自己紹介をお願いします。

阿部恵里・大分県生まれ

愛知県立窯業高等技術専門校卒業
三重県伊賀にて伊賀焼を学ぶ

現在愛知県瀬戸にて炭化焼成や灰釉などのうつわや花器を作っています。
唯一無二の個性を持った陶器たちの誕生を、日々楽しんでおります。

作品におけるポリシーを教えてください。

うつわや花器は生活の中の道具であり、
使いやすさと形の美しさを兼ね備えた「用の美」のものづくりを目指してます。
それから、陶器作るためには土や木などを使います。
地球の限りある資源を使わせてもらっているということをいつも意識します。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

「四月の魚」。なんとなく縁起が良さそうです。

なぜなら、春=桜=桜で「桜鯛」を連想させるから。
日本は古くから桜鯛を祝賀や神事などのおめでたい席に使用していたとか。
やはり縁起がよい。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

豆皿から大皿まで日常使いの器や、大小様々な花入れなど。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

浜松での出展は初めてですので、

作品を皆様にお披露目するのを楽しみにしております。

Exhabitor 17 | niu. <静岡>


niu. <静岡>
4/1 (工藝・アクセサリー)

自己紹介をお願いします。

木と金属/木と糸を使った装身具を作っております、niu.(ニウ)です。

木と異なる素材を組合わせる事で、木の本来持つ美しさ・心地よさを感じられる商品を目指しております。
20159start。現在は関東・東海エリアのイベント出展をメインに活動中。

作品におけるポリシーを教えてください。

心地よい『カタチ』『ソザイ』『イロ』

小さなアクセサリーに潜む、余白の世界

この2点を特に重視して製作しております。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

字のごとく、鰆/さわら を思い浮かべました。
冬の寒い時期に脂を蓄え、そして春に産卵にやってくる。

私自身も同じで、冬の間に技術・アイディアを蓄え、そして春にカタチとなり旅立っていく。そんな風に思います。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

木と金属/木と糸の2ラインを、種類豊富にお持ちする予定です。
耳飾り・ブローチ・リング・ブレスレット・ネックレスなど。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

前回に続き、2回目の参加となります。

青い装いでお待ちしております!