【 Le Spécial Concert 1 】10/14 アン・サリー acoustic set

【Artist Profile】
アン・サリー
 Ann Sally

2001年のデビュー以来、オリジナルアルバムの発表の他、日本全国、アジア地域で演奏活動を行うシンガー&ドクター。紅白歌合戦テーマ曲や映画の主題歌「おかあさんの唄」、CM歌唱など、その印象深い歌声は幅広く浸透している。2017年秋には、7年振り、7枚目となる待望のオリジナル・アルバム「 Bon Temps (ボン・トン)」を発表。また同時に、雑誌「アナロク」付録7インチレコードとしてシングルカットを発表している。暮らしの中で緩やかに芽吹いた想いは、ほころぶ花々のように芳醇で想いあふれる歌声と、花蜜の抽出された名曲群とともに「 Bon Temps=良い時間 」に込められている。
http://www.annsally.org

DOUBLE  -new contents opening artist-
アン・サリー Ann Sarry Special Concert <野外特設ステージ>

10/14 (土)open 16:30 start 17:00
ドリンク付きチケット 自由席 前売り 4000円 当日 4500円

チケット購入は e+(イープラス)【PC /携帯】http://eplus.jp 【直接購入】ファミリーマート
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002236125P0050001P006001P0030001

発売中〜

※チケット購入されたお客様は、
当日B1Fマーケット受付にてドリンクチケット&パスと交換してください。
◎パス交換開始時間 14日15:30から受付いたします。

————————————————————————————————————————————–

  • コンサートライブは雨天決行荒天中止です。
  • ライブは自由席の公演です。
  • パス1枚につき1名様のみ有効となります。当日B1F受付にて必ずお手続き下さい。
  • 未就学児のお子様は保護者のひざの上で観覧されるのであれば1名は無料となります。未就学以下のお子様でも座席が必要な場合は、必要な人数分のチケットをご購入下さい。ご不明な点はドゥブルプロジェ090-7864-5593(平日12:0018:00)までお問い合わせ下さい。
  • 演奏中は大声でのおしゃべりなど、周りのお客様に不快な印象を与える行為はご遠慮下さい。他のお客様にご配慮頂けますようお願いいたします。

  • お子様をお連れのお客様:演奏中にお子様が泣き出したり、騒いだり、客席内を走り回る等された場合、一時的に客席外へご移動頂く場合がございます。他のお客様にご配慮頂けますよう、またお子様から目を離さぬようご協力お願いいたします。

  • 主催者が運営などに支障をきたすと判断した場合、その告知時期・方法に関わらずやむをえず運営上のルールを変更する場合がございます。運営上のルール変更に対してのチケットの払い戻しは一切行いません。予め御了承下さい。

  • 他の来場者へ危害が加わるおそれのある行為は一切禁止します。又、同行為において他の来場者が怪我等、被害を受けた場合、主催者は一切関与いたしません。全て当事者同士で解決して頂きます。

  • 会場内へのテント、サンシェード(日よけテント)、タープ、パラソル等、スペースを多く必要とする設置物、視界をさえぎる設置物の持ち込み及び使用は禁止させていただきます。

  • ゴミのポイ捨てなど、近隣の住民の迷惑になる行為は絶対におやめ下さい。

  • 会場内への飲食物は会場内飲食店ブースのもののみとさせていただきます。

  • 会場内にペット等の動物、ビン・カン類、花火等の火薬類、その他法律で禁止されている物の持ち込みを禁止します。

  • 会場内・外で発生した事故、盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。 会場内にカメラ・ビデオカメラ等、録音機器の場内への持込みは可能ですが、出演者および音源の録画・録音は固くお断りいたします。

  • 会場内での傘の使用は禁止です。レインコートなどの雨具、帽子などの日よけ、防寒着など雨・気温への対策を各自ご用意下さい。

  • 当日は場内の撮影があります。カメラマンが撮影した画像・映像は弊社サイトや放送局、出版物などで掲載・放映される場合があります。

ご来場ありがとうございました!! Episode 3

ドゥブル・エピソード3無事終了致しました。

今年の春はかなり遅く、初日の寒の戻りとシトシトと降り続く雨。魚がまだ春に向かうための準備運動をしているような冬の終わりを感じた一日でした。二日目はうって変わって当に春。

4/1はあの寒さにも関わらず、多くの方が足を運んで頂き誠にありがとうございました。
おそらく忘れられない4/1になるでしょう。二日目は最高の人出を記録し、楽しい一日を過ごして頂いていたら嬉しく思います。また二日間通してSNSでのリアルタイムもあげられず、大変失礼いたしました。

至らぬ点も多く課題が沢山残りましたが、また次に繋げられるよう体制を整え臨んで参ります。
次回は今秋の10,11月の開催予定です。

2日間ご来場頂けましたお客様。今回出展頂きました出展者の方々。また前回、前々回の出展者のみなさん。オールスタッフを含め、みなさんに感謝、お礼申し上げます。

Le Spécial 1 <特別企画> Café Cinématographe

 

Episode 3   特別企画
予約受付中!!
————————————————
特別企画として、サンクンプラザ・ステージに
食のクリエイターによる2days café『Cinématographe』が出現します。

両日共にスペシャルなメニューをご用意しておりますので、ぜひ、ご予約くださいませ!!
なお、数に達し次第、予約を打ち切りさせて頂きますのでご了承下さい。

●●● Café Cinématographe Menu ●●●

【各限定30プレート(11:00~1時間10名様づつ) ¥1200】

4/1『春に芽吹くひとさら』

Café Ocean・料理家かみやいずみ氏による、無農薬野菜とスパイスのクスクスプレート。
動物性の食材を含まないドゥブルだけのヴィーガンプレートです。

《メニュー》春の香りのグリーンクスクス/大豆と季節野菜のスパイススープ/
ひよこ豆とサツマイモのファラフェル、ほか

4/2『サ・ソン・ル・プラントン』

ハード系パンを得意とする人気店POWAPOWA。フランス仕込みのシャルキュティエ・稲垣腸詰店。
ティークリエイターsachiの専門家3人が手掛けたワンプレートをご用意いたしました。
自家製や有機酵母を使い、じっくり発酵 させたバゲットやカンパーニュに白カビソーセージとリ エットなど。
ちょっぴりチーズも加えて、ワインイメージ の日本茶「printemps printemps」をペアリングしたワンプレートです。

●●●● 予約受付中!! ●●●●

≪ご予約ご希望の方は≫

①4/1 「春に芽吹くひとさら」

1 お名前(フルネーム)
2 ご連絡先電話番号
3 お料理の数
4 ご希望の時間
をご記入の上、restaurantmono@gmail.com まで

②4/2 「サ・ソン・ル・プラントン」

1 お名前(フルネーム)
2 ご連絡先電話番号
3 お料理の数
4 ご希望の時間
をご記入の上、powapowa1994@gmail.com まで

※それぞれ予約先が異なりますので、お間違えのないよう
お気をつけくださいませ。

Exhabitor 60 | Delicious Kitchen Hamamatsu  <静岡>

デリシャスキッチンハママツ <静岡>
4/2 food・デリ 

自己紹介をお願いします。

月に卸本町に新しくオープン予定のゴハン屋さんです。

お腹いっぱい、心いっぱいになるようなゴハン屋さんです。

昼下がりは、喫茶店です。

作品におけるポリシーを教えてください。

美味しいー!って思わず声を出したくなるような、

見て食べて満足できるゴハンを目指してます。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

んー、新しい時期が始まるワクワクする”深海魚”が頭に浮かびました。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

自家製お弁当がメインで…

あとは、お酒も楽しんでいただきたいな…と思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

3回目のご来場、お待ちしております。

いろんな地域の方々とイベントご一緒できることを楽しみにしています。

素敵な方々にお会いできるのを心待ちにしております。

Exhabitor 58 | Pipacs Antiques <愛知>

ピーパチアンティーク <愛知>
アンティーク・欧州ブロカント

自己紹介をお願いします。

ふるいものとエストニアの毛糸の販売をしています

PIPACS ANTIQUES ピーパチアンティークです。

実店舗を持たず各地のマーケットに出店しています。

作品におけるポリシーを教えてください。

国を問わず蚤の市を巡り 使い込まれた道具や趣きのあるものを集めています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

イキイキ*キラキラと輝く躍動感…

食いしん坊の私が真っ先に思い浮かべたのは春サンマでした。

広い範囲を回遊する春のサンマのように、身軽に颯爽と旅したいです。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

・美しさの中にぬくもりを感じるふるいもの 佇まいの美しいフランスの紙のお皿、

 ハンガリーのフォークロアな陶器、ルーマニアの木彫りのスプーンなど 

・エストニアのプレヤーンと羊毛そのままを紡いだかせの 毛糸

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

物との出会い、人との出会い、一瞬一瞬を大切に。

ドゥブルでのそのひとときを 一緒に楽しませてください。



	

Exhabitor 57 | AND WOOL <静岡>

AND WOOL <静岡>
textile・染織 

自己紹介をお願いします。

昨年に静岡県島田市にオープンしたAND WOOL(アンドウール)と申します。

〝ちょっと豊かに。〟をコンセプトに、編み物をする楽しさから、現代では触れる機会の少なくなった物づくりに触れる喜びを伝えていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

作品におけるポリシーを教えてください。

ファーマーズマーケットや産直販売所で買う野菜は作り手の顔が見えることで、大切に育てた想いが伝わり、より美味しく感じたなんて経験はないでしょうか。洋服やニットは作物をする楽しさや魅力を紹介して、ニットワークカルチャーを日本から世界へ広げることり手の顔がみえづらいアイテムですが、ニットも一から工程を紹介していくことで、編みを目指しています。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

素敵な言葉ですね。イメージが膨らみます。

青銅色の静かで力強い魚でしょうか。。。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

ファッションブランド〝everlasting sprout〟のアトリエから頂いた 毛糸を始め、イタリアメーカーや日本メーカーの珍しい糸を中心に、毛糸やそれらの毛糸を使ってつくった製品を販売致します。 

オリジナル企画で制作いたオーガニックコットンのシリーズは、お子様にもやさしいデザインい仕上がっていますので、ギフトにも喜ばれています

それらのオーダーを承ることも致します。毛糸やニットの楽しさをお伝えできるような商品をお持ちできたらと思っています。

everlasting sproutのお洋服も一部並びます。ぜひご覧ください。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

初めて浜松でのイベント参加で緊張致しますが、お気軽にお声がけいただければ嬉しいです。当日よろしくお願い致します。

Exhabitor 56 | BRASS YARD  <大阪>

Processed with VSCO with hb1 preset

BRASS YARD <大阪>
4/2 工藝・アクセサリー

自己紹介をお願いします。

主に真鍮を使った彫金アクセサリーを作っています。

「心地よい存在感」をテーマに毎日着けたくなるようなアクセサリーを提案しています。

作品におけるポリシーを教えてください。

バランス感覚を大事にしています。

可愛いだけじゃないかっこよさ。

見た目だけじゃない着けた時の美しさ。などなど

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは

鱗をキラキラさせながら、どこかに向かって泳ぐ魚

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

ピアス、イヤリングを中心に新作もお持ちする予定です。

リングやバングルもございますので是非ご来店ください。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

毎回こちらのイベントでは、感度の高い出展者さんやお客様に良い刺激をもらっています。今回も沢山の方にお会いできるのを楽しみにしています。

Exhabitor 55 | 栢野 紀文 <愛知>

栢野 紀文 <愛知>
工藝・作陶

自己紹介をお願いします。

愛知県常滑市でやきものを作っております。

出身は岡山県です。

作品におけるポリシーを教えてください。

釉薬や顔料等で絵付けしたやきものをつくってます。自分にしかできない表現を模索しています。使うとそこから新しいストーリーが始まるようなうつわを作りたいです。

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは

新しい季節にワクワクが止まらず、光の方向へ水中から高い空へ跳ね上がる。好奇心が抑えられず新しい自分を発見したくて深海へ深く深く潜る。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

手に取りやすい器を中心に新作のコーヒードリッパーやマグカップ、ポットなどを出展します。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

静岡で展示するのは初めてです。

つくったものへの反応や新しい出会いが楽しみです。

Exhabitor 54 | ラフイユ ~ la feuille <愛知>

ラフイユ <愛知>
その他・ドライフラワー・オブジェ・装飾

1自己紹介をお願いします。
愛知県でラフイユという移動花屋を夫婦で営んでおります
通常は主に、店舗ディスプレイやテレビcmなどの撮影時などの植物スタイリングやセレクト、アドバイス、ミュージシャンのステージ植物装飾などを手がけております。
そのほか、マーケット出店やワークショップなども各地で展開しております

2作品におけるポリシーを教えてください。
植物とは、既に完成された美。
私どもラフイユでは植物本来の魅力を損なわないよう心がけて紡ぎ合わせ、制作に励んでおります

3今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは?

4 Episode 3 ではどんなメニューや作品が並びますか。

季節のドライフラワーや植物で出来たピアスやイヤリング(プランツジュエリー)、

植物オブジェ、ドライフラワーブーケ、スワッグなど

 

5ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
あなただけの一品を見つけていただけたらと思います。


Exhabitor 53 | Café Ocean <愛知>

Café Ocean <愛知>
4/1 food・イートイン・vegan

自己紹介をお願いします。

愛知県西尾市にある海沿いのコミュニティ「OCEAN」です。
ドーム型の自然食カフェ・レストランと石窯のあるピッツエリア、
海沿いのisland surf の3つのお店があります。

オーシャンには、みんなで大切にしている畑 があります。
私たちは土を作り、種を蒔き、 たくさんの命を育み、良い循環の中で、
たくさんの命と共に共存する、という暮らしをしています。

循環とは、 共存とは、畑で収穫された野菜くずや、お店で出る残飯 を土に還し、
微生物や自然の力を借りて良い 土を作り、畑へ還す。
花が咲いて膨らんだ種 を採り、また次の命へと新しい命を育てます。
畑の虫や微生物や小動物と 畑の命を分かち合い共存しています。

< カフェオーシャン >

住所 : 愛知県西尾市寺部町笠外186-36
Cafe&restaurant ocean
: 年中無休 [営業時間]11:00-sunset
Pizzeria ocean /island surf
: 火曜定休 [営業時間]9:00-sunset
HP
:http://www.cafe-ocean.com/

作品におけるポリシーを教えてください。

「海と山、太陽と大地と遊び、暮らす」

今回のテーマは「le poisson d’avril 四月の魚」です。あなたが思う「四月の魚」とは

世間は嘘をついたり、つかれたり
毎度お騒がせなエイプリルフール
思わずクスクス笑ってしまうくらいの嘘が
毎日を楽しくする。

丁度その頃宇宙は元旦。
昼と夜の時間が等しくなり、真東から昇り真西に沈む太陽に神秘を感じる
金星は内合し、空から消える
おうし座の恒星が月に隠れるアルデバラン食

壮大で美しい宇宙のドラマと日常の他愛もない可愛い小さな嘘

私たちはどちらの世界も同時に生きている
クスクス笑って過ごすくらいが丁度いい。

四月の魚は馬鹿ではない。
どんな時も、クスクス笑って過ごせれば、
嘘でも何でも幸せなんだと知っている。

そんな事言って、今回はクスクス作ります。

Episode 3ではどんなメニューや作品が並びますか。

春に芽吹くひとさら(クスクスプレート)veganプレート

自家菜園の無農薬野菜とスパイスのクスクスプレート ¥1200(予約可:毎時10皿づつ)

春の香りのグリーンクスクス
大豆と季節野菜のスパイススープ
ひよこ豆とサツマイモのファラフェル
金胡麻のスムースなフムス
豆腐と春野菜のローフ、ドライトマトと豆味噌のソース
フレッシュリーフと苺のマリネ
空豆のサモサ・シガール、カカオと醤油もろみ

その他、季節の果実のデザートを数種類とチャイ、ラッシーをお持ちします。
料理、デザート、ドリンクは全てveganです。動物性の食材を含まず、
自家菜園の無農薬野菜や、オーガニック食材などで作ります。

ご予約ご希望の方は≫

3月25日(土)10:00から予約受付開始

  1. お名前(フルネーム)

  2. ご連絡先電話番号

  3. お料理の数

  4. ご希望の時間

をご記入の上、restaurantmono@gmail.com までご連絡ください。

 

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

会場のみなさんと、ちょっと笑っちゃう楽しい時間を共有して
みんなと一緒に楽しみたいです。
会場でお会いできるのを楽しみにしています。