「food」カテゴリーアーカイブ

EP5 exhabitor 18 | ひなたCAFE


ひなたCAFE 4/22

 

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

浜松で自家製パンのランチを提供するカフェとしてオープン。

パンに添えたジャムが好評になりジャム専門店として新たにスタート。

イベント出店での販売をメインに営業しています。

果物本来の美味しさを活かしたジャム作り心がけています。


Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

ネーブル、グレープフルーツ、スルガ甘夏、橙などのマーマレード

ラズベリー、ブルーベリーなどのジャム

レモネード、豆乳レモネード、ジンジャーエールなどのイベント限定ドリンク


③今回のテーマは
「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

ボーダーTシャツ


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

ワクワクするイベント、皆さまのお越しをお待ちしています!

EP5 exhabitor 12 | ganmo.バーガー


ganmo.バーガー 4/21

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

イベント限定でガンモバーガーを販売しています。
地元の食材にこだわった無添加でグルテンフリーのバーガーです。
アレルギー対応、ベジタリアン、ビーガンにも対応しています。

Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

ガンモバーガー
米粉の豆腐どらやき
鴨肉のソテー マッシュポテト添え

③今回のテーマは「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

線路は続くよ、どこまでも
その先には目指す空間があるから

線にはいろんな形がある。
どの線も繋がる。

線が重なれば支え合える。
そんな線のある空間から笑顔、アイデア、友情、いろんなものがうものが生まれてくると思っています。

④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

日本の食材にこだわり、心とカラダに優しい和テイストのバーガーで日本の文化や食材の素晴らしさをお伝え出来たらと思います。

EP5 exhabitor 6 | atélier nu-cafe

 

atélier nu-cafe  4/22

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

静岡市にて、主にイベント出展にてお菓子の製作、販売をしています。お菓子は、卵やバター、乳製品を使用しないで作るveganスタイルのお菓子ですが、視覚的にも味覚的にも五感で楽しめる、愛らしい、カラダに優しいものが作れたらと思い、製作しています。


②Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。
vegan sweet,ナチュラルスイーツというと、素朴で茶色や生成り色ナチュラルカラーの焼き菓子のイメージがあるかと思いますが、今回は、春らしく旬の果物やドライフルーツやナッツ、ハーブを使って、少し色彩が楽しめる作品と従来の定番のスイーツをおをお持ちできたらと思います。


③今回のテーマは
「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

線とは、囲まれた領域、限界、守りたい、保ちたい領域、限りがあること。間とは、間で愉しむ、その中で遊ぶ、遊びココロをもつ、表現する、空間を演じる、表現することをイメージしました。

自分の作るvegan sweetには、線=使える素材に制限がありますが(動物性のものを使用しないこと)、間=その中で自分の感性であったり、感覚、個性を生かしながら、自分のできる範囲で愉しみながら作ることと感じています。


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

4/22(日)のみの参加となりますが、皆様にお会いできることを楽しみにしておりますよろしくお願い致します。

ALG exhabitor 46 | ミツノシマ

ミツノシマ |food  2/3

無店舗で浜松を中心にジャムの生産・販売をしております『ミツノシマ』です。

絵の具のパレットのようなジャムをコンセプトにイベントでは20~30種類のジャムが並びます。 フルーツ単独のジャムもございますが、独創的な創作ジャムとしてソースやドレッシングにもアレンジ可能です。 イベントでは、限定ジャムもございますので是非お手にとってご覧ください。

色を綺麗に、素材の食感なども大切にしており、甘みは、口に残りすぎないよう仕上げて
います。

 

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

食とartをテーマに活動しているミツノシマ…再創造ということで果物・野菜にさらにプラスし興味を持っていただけるような表現で目で見て舌で味わって、楽しい・美味しいの新たな魅力をご提案していきたいと思います。

ALG exhabitor 42 | 石窯pizza屋台ボッケーノ <愛知>

石窯pizza屋台ボッケーノ <愛知> | food・Kitchen Car  2/4

石窯を積んだ移動販売車で本格ナポリピッツァ屋

国産小麦と天然酵母のピッツァ生地を薪の力で焼き上げます。

「究極のスローフードをファストフードでお届けします」

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

私が住む愛知県一宮市も以前は繊維の街で栄え、当時の雰囲気を残した繊維団地があり、
その空間を残したいと思い、地元の仲間と粉祭というイベント立ち上げ4年になります。
多くのお客様にその
場に立ってもらうことが、まず第一。
そして、その場で何かしらを共感できるような空間を作ることが大切だと思います。

ちなみに、一宮の繊維団地は、
最近では新店舗が
オープンしたり、いろいろなイベントが行われるようになりました。

http://boccheno.com/

 

ALG exhabitor 38 | スコーン家 HARU

スコーン家 HARU | food 2/3

スコーン・グラノーラ
小さなスコーン専門店
おいしいスコーンをご用意してお待ちしております
笑顔と 幸せと  スコーンのある日常を…

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

古く残った浜松の街の風景に新しい魅力を吹き込み、
価値の再構築をするというところに魅力を感じました。

今回のイベントを通して
浜松の街が少しでもより魅力的な場所になり、
出展者にとっても何か新しい挑戦や
可能性が広がるような機会になったらいいな

http://sconeharu.com

 

ALG exhabitor 34 | はらぺこ菓子店天秤堂  <愛知>

はらぺこ菓子店天秤堂 <愛知> | food

愛知県瀬戸市の山間の工房でグルテンフリーとナッツのお菓子を作っています
アレルギー対応のお菓子も作っているため
対面となるイベントやデリバリーサービスでの販売をしています

小麦粉は控えめに使用したものもありますが
基本的には米粉と雑穀粉を使用しています
季節の果実を多く使用しているので甘さは控えめにして
の味を損なわないように気を付けて、日々に寄り添えるよう
気取ってないお菓子作りがしたいと思っています

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

約50年前に栄えた問屋街を舞台に再び人が集まり、
活気が戻るようなイベントが行われるのはとても心躍ることだと思います

私自身もOLDbyNEWといった考えが好きなもので
時間の経過の中に新しいものを融合させることに興味があります
その中で私の西洋菓子のレシピとアレンジの効いたお菓子が
販売出来たらとてもいい経験になります

https://www.facebook.com/harapeko.libra/

 

 

 

photo:@monchouchou

ALG exhabitor 30 | atelier nu-café

 

atelier nu-café | food 2/3

静岡市にてアトリエを構えまして
動物性食品(バター、卵、乳製品など)を使用せず
vegan sweetを製作しております。

見て可愛い、味わって素朴ながらに軽やかで美味しくて
自分自身も愉しめるものを提供できたらと想い
イメージして製作しております。

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

再開発されて、蘇って行く雰囲気、背景を感じながら、
出店者みなさんのいろんな表現と
自分なりのできることがうまく調和できて、
愉しめたらと思っています。

http://www.instagram.com/ateliernucafe

ALG exhabitor 23 | SARI SARI STORE


SARI SARI STORE | food ・kitchen car

農園から直接仕入れた自家焙煎珈琲「森と人の珈琲」
フィリピンの先住民族の方たちがアグロフォレストリーで
栽培したオーガニックコーヒーです。各種ドリンク
Veganの焼き菓子(オーガニックレモンの酒粕ケーキ)当日の焼き菓子メニューはまだ未定です<テーマ:再創造 Re Creationについて>
積層された時間の「古き良き」をベースとした再創造=新しきとの融合
積層された時間と再創造を連想できるようなメニュー作りを考えてみたいなと思います。
http://sarisaristore.jp

ALG exhabitor 8 | 人々 <愛知>

人々 | food 2/3

店舗のない焼菓子屋 人々(ひとびと)です。
自分たちが好きな食材を組み合わせて、
自分たちのペースで焼菓子を制作しています。
季節のタルトやマフィンなどの焼菓子をお持ちします。

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

主とする『焼菓子』と町との関わり方、
再生、創造の可能性を楽しみにしております。

http://hito-bito.com/

Exhabitor 54 | TSUBOYA <愛知>

TSUBOYA  food | カヌレ・焼菓子 10/15

自己紹介をお願いします。

TSUBOYAと申します。愛知県の西の方で店舗を持たずマルシェ等で移動販売をしています。

カヌレや季節の果物を使ったタルト、焼き菓子を作っています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

旬の食材や地の物、体に優しい食材をなるべく使うように心がけています。

良いものを知るきっかけ、生活に取り入れるきっかけに少しでもなればと思っています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

カヌレと秋の果物を使ったタルトやケーキをお持ち致します。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

あてなるものとは。私が活動する『食』に関して言えば一番身近に、そして生活に取り入れやすい物と思っています。

低価格競争の商品も勿論ダメとは言いませんが、少し目を向ければ身近に良質の『食』『素材』が沢山あります。TSUBOYAにとってあてなるものは生産者さん達の想いとこだわりを持った食材です。大切に育てられ想いの詰まった食材は美しく、当たり前だけれど美味しい。

そんな食材達を使わせて頂いてできるお菓子達が、食べて頂く方の豊かな時間になってくれればと思います。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

Doubleには久しぶりの参加となります。

皆様と素敵な時間を共にできれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

Exhabitor 53 | 山幸・森のエネルギーかろり <鳥取>

 

山幸 | 森のエネルギーかろり 10/14

自己紹介をお願いします。

山幸|森のエネルギーかろり です。

4月より鳥取県智頭(ちず)町に移転し、森にかこまれながら

子供も大人も山に活かしていただいています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

ご縁をいただいた土地で、どんなことを学ばせていただけるのか

ところも変われば、水も変わる。
今までのことから、自然に変化していくことにワクワクしながら過ごさせていただいています

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

土地を意識したオーガニックのドライフルーツの量り売り
土地、天然菌だからこそのナチュールワイン
鳥取の土地のものも、少しづつお届けできればありがたく存じます

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。「わたしとあてなるもの」について教えてください。

上品さと親しみ。それぞれ独自の美しさこそが、上品で優美な美しさだと思っています。土地、生まれ、育ち、顔みんな違うからこそ、一つの大きな美しさがある。別物である限り、誰もが上品だと思っています。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。
素敵な人やモノ、場との出会いが、より、それぞれが私らしい「あてなるもの」に気づかせてくれる
そんな場でお逢い出来ましたら、うれしく思います。

この度は、ありがとうございます。
どうぞ、素敵な日々をお過ごしくださいませ。