「artist」カテゴリーアーカイブ

<Le Spécial> 卸本町アートコルゲート 後編

「RING ring me」 市橋 美佳 【 会場:G 2F 】

「かつての風景を追想する建物から指輪の記憶を揺り起こす」

現在、傘問屋だった建物はこれから結婚しようという二人が式を準備する場へと移り変わりました。今回はその一室で、指輪の記憶が持っている個人的な風景を、陶の鈴の音によって揺り動かします。 生活用品のデザインを職とした後、多治見で陶芸を再開し器作りをはじめる。現在は焼物を軸に形態を広げ、様々な記憶の背景を個別の時間と捉え作品要素とする。

岐阜県揖斐郡 在住
https://ichihashimika.site

————————————————————————————————-

「糸生(む)すほどに」
「ウゴクギャラリー・遠州の空っ風  (洗濯物がよく乾く)ver.」

池田ひとみ x 大田屋糸店 【 会場:アルラ1F踊り場,大田屋糸店店頭 】

『ウゴクギャラリー・遠州の空っ風(洗濯物がよく乾く)バージョン』
自作の小さなリヤカーをギャラリーとし、各地で展示・制作をするという試みをやっています。
今回は浜松版へ衣替えをしている様子を公開制作します。

『糸生(む)すほどに』
糸の卸問屋である大田屋糸店にある糸を使わせていただき、店舗のガラスブロック壁に展示をさせていただきます。

アーティストプロフィール

池田 ひとみ Hitomi Ikeda
毛糸を使いかぎ編みで自由に編んで行くスタイルで、インスタレーションなど空間を使った作品を制作している。有機的で繊細なレース編みを得意とする。
website: hitomicron.com
instagram: hitomicron.ikeda

 

 

 

———————————————————————————————

「おもいで話をたくさんきかせて」
のなか あやみ 【 会場:アルラ1F北入口,O 】

卸本町の街並みを見てどこか懐かしく、とても愛着のあるかたちをたくさんみつけました。
煉瓦や窓のかたち、色。
宝箱に入れたくなるような、自分のとっておきのものとして大切にしたくなるような、そんな気持ちになりました。

宝箱にはいろんなとっておきが入っていて、たくさんのおもいでばなしが詰まっています。
そんなどこか懐かしく、あたたかい、おもいでばなしが聞こえてきそうな絵と、絵の展示されている建物の外にはもともとここに落ちていた木の枝を拾い集めて作った小さな森を展示します。

建物の外から、中から楽しめるこの2日間だけのとっておきな箱庭のようなひとつの場を作っていきたいと思います。

この2日間、出会えた皆様とともに私の絵たちもこの街のあたらしい「おもいでばなし」に加われたらと思います。

 

 

 

——————————————————————————————————

「 虹の街 」 中村 菜月 個展 【 会場:B ビジテルほんまち1F】

虹の街は遠く、遠くで色を放つ。虹の街の住人は、誰もが虹を持っている。けれども彼らは、虹を知らない。この世界に住む「わたしたち」をテーマに廃墟で展開される、中村菜月の個展

中村菜月
Nakamura Natsuki

1994年静岡県浜松市生まれ。2016年筑波大学芸術専門学群卒業
2歳の頃に描いていた絵の延長で今も絵を描いている。存在を軸とし、目の前にあることや手には届きそうにないことを制作している。描くモチーフによって制作手法を変え、絵の大きさによって描く内容や入れ込む感情の量を決めている。作品は絵に限らず、思考や言葉、日用品などがある。

 

 

 

 

 

 

<Le Spécial> 卸本町アートコルゲート 前編

▷卸本町アートコルゲート oroshihonmachi art-colgate
「緑青(あお)がとけてなじむ」をテーマにおいた
複数アーティスト作品・表現が会場内、エリアでご覧頂けます。※入場自由

——————————————————————————————

ぽ(つり、たり、とり)」
あらゆる音、それぞれの身体が響き合い、重なり溶け合うことで場所に様々な風景をあらわしていきます。

2/9 会場:未定 後日

みゝず
菊池航と高野裕子が2018年に結成。
共にダンサー、振付家。呼吸を感じ、互いの間に生まれる行為や言葉のない対話を重ね、踊りとしていく。
facebook https://www.facebook.com/mimizu2018/
twitter @mimizu2018

菊池航
1987年生。2008年よりダンスカンパニー『淡水』を主宰、振付演出を開始。その場にいて、ただ立つことから踊りになる過程を実感し、動きとして納得出来るダンスを目指す。近年は東野祥子、山下残などの作品に出演。http://tan-sui.blogspot.com

高野裕子
1983年生。2010年神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻卒業。 2010年渡独、帰国後2012年にカンパニー『UMLAUT』を設立。2015年瀬戸内国際芸術祭「nomad note dance」などで振付・出演。https://youreve.wordpress.com

 

 

————————————————————————————————-

「笛と玩具」
2/9-10 会場:A,G,S

ピアノを弾く子どもたちのために作曲された 20世紀の作品(フランスや日本の作曲家など)を トイピアノや鍵盤ハーモニカ、たて笛 そして大小様々な形をした打楽器(玩具)たちと演奏します。

阿部純子
武蔵野音楽大学フルート科卒業。 日常の動作と繋がった奏法をレッスンや音楽会での 演奏で試す日々。 何でも面白がらないと、ね。

藪下千晶
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。 伴奏ピアニストとしてさまざまな楽器との共演や短編映画やラジオドラマの音楽制作も手掛けています。 素敵と感じるいろいろを、音楽で表現したい。

星合 厚
楽器関係の会社に勤めながら、第3種兼業ドラマーとして演奏活動 も行う。ジャズが多いが、こだわりはなく妖しい音楽が大好き

 

————————————————————————————————————

「 通りすぎた風景 」
吉田 勘汰 w/ Green Cog
@kanta_yoshida_
場所:アルラ北側入口

—————————————————-
素材:足場、自転車パーツ、木、絵画(油彩)
GSビルの1F
@greencogram 自転車パーツを
使用させていただいた造形物です。
ペダルを回すと壁面のオブジェが回転します。

動く-止まる-見える-見えない「風景」を
楽しんでいただければ幸いです。
—————————————————-
プロフィール:
1991 静岡県生まれ
2014 金沢美術工芸大学美術工芸学部
美術科油画専攻卒業
2016 金沢美術工芸大学大学院修士課程
絵画専攻油画コース修了
現在 浜松にて建築塗装を行いつつ作品を制作

展覧会
2017 浜松Open Art / 浜松城公園内(静岡.浜松)
2018 第14回富山市美術展 インスタレーション部門 / 旧富山市立小羽小学校(富山.富山)
2018 HAMAビエンナーレ展 / 鴨江アートセンター(静岡.浜松)
2018 浜松Open Art / 浜松城公園内(静岡.浜松)
個展
2019 どこにでもある光景/どこにもない風景 / ギャラリーYellow Passion (静岡.焼津)

 

 

Re2 アートラインでリンタクをご利用予定の皆さまへ

【Re2 アリナツアートライン】

◎ai fujishima 仕様のリンタクを
ご利用予定ゲストの方へお知らせです。

作品番号:A02 「Root;s」

天浜線三ヶ日駅から、会場までをつなぐ
リンタク(自転車タクシー)のご利用方法w
お伝えいたします。

8、9日ともスタートは
三ヶ日駅になりますが
1台で運行しているため、
常に何処を走っているかが不明です。
そのため乗車ご希望の方と運転手と
直接、連絡をとって頂く事になります。

また、三ヶ日駅から会場の途中1箇所に
急坂があり、そこでは一旦、降りて頂くお願いをすると思いますので、

申し訳ございませんが、ご協力のほど
どうぞ宜しくお願い致します。運転手との連絡番号は、三ヶ日駅と本部にて
お知らせ致します。

 

Re2 アートライン Artist-作品⑧ | 塚本 千栄

塚本 千栄 | Chie Tsukamoto

1983年浜松市生まれ浜松市育ち。

専門学校ルネサンス・アカデミーオブデザイン(グラフィックデザイン科)を卒業後

市内広告代理店のデザイン担当として14年勤め、フリーランスへ転身。

<出展>

アナザードア第2回~第5回に出展。

テーマに沿い、写真・書道・オブジェなどジャンルは様々。

HA写真展2回出展。

<過去作品>


————————————————————————————-

◎作品番号:A08
◎ジャンル:インスタレーション
◎場所:浜名湖レークサイド公園
◎日時:9/8-9
◎作品タイトル:「1000%orange」

ここではダイレクトに、
まちのシンボルともいえる
「三ヶ日みかん」をテーマとさせていただきます。

今や全国ブランドとなっている甘くて美味しい三ヶ日みかんは、
温暖で太陽の日照量が多いことや、水はけの良い土壌であることなど
豊かな自然条件が重なった、栽培に適したまちならではの特産物です。

全国に名だたる”みかん王国”を築いた歴史に感謝し、産業のますますの発展も願い、今後も輝き続ける未来のまちを想像した明るい空間を演出させていただきます。

三ヶ日みかんのキラキラと輝く果汁とみずみずしさが、あまく豊かにみなさまへと沁み渡りますように。

 

Re2 アートライン Artist -作品⑦ | 中村 菜月

中村 菜月 |Natsuki Nakamura

1994年静岡県浜松市生まれ。2016年筑波大学芸術専門学群卒業

2歳の頃に描いていた絵の延長で今も絵を描いている。存在を軸とし、目の前にあることや手には届きそうにないことを制作している。描くモチーフによって制作手法を変え、絵の大きさによって描く内容や入れ込む感情の量を決めている。作品は絵に限らず、思考や言葉、日用品などがある。

<略歴>
2004年 インドへ行く
2005年 企画展「地球市民村」@愛知万博(長久手)
2011年 グループ展「6talk6」@鴨江アートセンター(浜松)

2013年
「GALLERY PASSION 受賞展」@GALLERY PASSION2 (磐田)
企画展「好きだ展」@つくば市民文化センター(つくば)

2014年 似顔絵楽座竜王賞@オアシス21(名古屋)
グループ展「スポーツ展」@筑波大学展示ギャラリーT+
グループ展「会いたい展」@筑波大学展示ギャラリーT+
企画展「日本画野外風景実習」@筑波大学総合交流会館

2015年
グループ展「ざっくばらん展」@grill gallery (東京)
JAZZ VILLAGE 壁画制作(桜川)
筑波大学附属病院室内画制作(つくば)

2016年
筑波大学卒業制作展@茨城県つくば市美術館
個展「たからもの」@Gallery Yellow Passion(焼津)
鴨江アートセンター・アーティスト・イン・レジデンス2016採択
ARTあんえっとん2016焼津芸術奇港
個展「OPEN ATELER #202」@鴨江アートセンター
第43回創画展@東京都美術館/京都市美術館

2017年
第43回春季創画展 @寺田倉庫ギャラリー(東京)
筑波大学日本画研究室展・藤田志朗と学んだ88名の歩み@茨城県つくば市美術館
第10回記念皐月会2017@タカシサイトウギャラリー(牛久)

2018年
第44回春季創画展@西武池袋本店ギャラリー
企画展「こもれび美術館」@みをつくし文化センター(気賀)
グループ展「十六年の美術室」@クリエート浜松

2013年〜2018年「OPEN ART CLASS vol.4~8」@浜松

————————————————————————-

◎作品番号:A07
ジャンル:絵/フラッグ・ライブペインティング
◎場所:長坂養蜂場 浜松市北区三ヶ日町下尾奈97-1 
◎日時:9/8-9 営業時間内
◎作品タイトル:”としつきにちにち”

「今までもそこにあって、これからもここにあるようなこと」をテーマに制作しました。
ながいながい時間の中で形を変えながら変わらずにずっとあること、それがこれからも継がれていくこと、そして今ここで生きているということについて、9つの絵にしました。
それぞれの絵は色も模様もばらばらです。異なりあった一つひとつが複雑に織り混ざって、うつくしくバランスを取り合っているものが世界だと思っています。
絵も一つひとつを異なるように仕上げ、連なったときに色が響き合うようにつくりました。
また、それぞれの絵に言葉を添えました。ライブペインティングは駐車場で。店内では原画とともに言葉の展示もいたします。

 

Re2 アートライン Artist-作品⑥ | 中村 るつ

中村るつ | Rutsu Nakamura

1990年7月生まれ。静岡県浜松市(旧浜北市)出身。現在浜松市に在住。

<展示>
2012年
•「2012年 trans arts tokyo coco-ten展」 (東京,神田)

2013年
•gallery HIGURE「天才ハイスクール!!!!×福住廉~限界とかねーし Limiter cutしてるし~展」 (東京,日暮里)
•渋谷パルコ「絶命展」 (東京,渋谷)

2015年
•大分トリエンナーレ別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」 滞在制作ならびに展示参加(大分県,別府)
•「2015年 trans arts tokyo 五十一八クリエイティブプロジェクト」 (東京,神田)
•wall art project「Wall art festival in Khagaria」 (インド ビハール州)

2016年
•wall art project「Wall art festival with noco 2016」 (インド マハラーシュトラ州)
•TAV gallery 「渦渦 未来美術専門学校アート科展」 (東京,阿佐ヶ谷)
•くすのき荘「雑居」 (東京,上池袋)

2017年
•大磯プリンスホテルエントランスホール (神奈川,大磯)
•BLOCK HOUSE 「一枚の絵の力 (東京,原宿)
•「未来美」展(総合ディレクター カッパ師匠) (鹿児島県鹿児島市)

2018年
•「あいしてる」展 平成29年度後期制作場所提供事業 レジデンスアーティストによる展示 (静岡,浜松)
レジデンス賞受賞
•第24回全国「かまぼこ板の絵」展覧会 優秀賞 (愛媛,西予)
•工芸とアートの金沢オークション 展示、オークション出品参加予定(9月〜10月)

<過去作品>

———————————————————————————-

◎作品番号:A06
◎ジャンル:削り絵(鉄板・エッチング) 70cm × 57cm

◎場所:和洋菓子司 入河屋
静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈83-1

◎日時:9/8-9/9 閉店時間まで
◎作品名:「あなたに」

創業明治十八年から続く老舗の和洋菓子司「入河屋」五代目店主の善治郎様のご厚意により、お店で使用されていましたカステラを焼く鉄板をお借りしました。今回はそちらの鉄板を使用させて頂き、絵を削り描きました。

お菓子をつくる時、選ぶ時、食べるとき、きっとあなたのことを思う。

そんな気持ちを感じながら鉄板に染み込んだ時間を削らさせて頂きました。

 

Re2 アートライン Artist-作品⑤ | 堀場 莫舟

堀場 莫舟 | Bakushu Horiba

<略歴>
書家 堀場莫舟
書道塾をしている母のもと、幼少の頃書道を学ぶ。
武蔵野美術大学ファッションデザインコース卒業後、
自身のファッションブランドを立ち上げる。
東京、パリでコレクションを発表。
2014年、祖父、母、に継ぐ書家になるべく、再び書道を始める。
現在、日ペンのボールペン講座の講師と、書道塾で子供に書道を教えながら、活動中。
お店の看板や、お菓子のパッケージのロゴなども揮毫。
日本書道学院、漢字部、師範。
日本ペン習字研究会、師範取得。

<過去作品>


◎作品番号:A04
ジャンル:書
◎場所:鵺代公民館 
◎日時:9/8 10:00-16:00 /9 10:00-16:00
◎作品名:「鵼」
鵼は深山にすめる化鳥なり。 源三位頼政、頭は猿、足手は虎、 尾はくちなはのごとき 異物を射おとせしに、 なく声の鵼に似たればとて、 ぬえと名づけしならん

Re2 アートライン Artist -作品④ | 外海 文武

外海 文武 | Fumitake Tokai

<略歴>
日本画家 外海文武
浜松学芸高等学校にて日本画を学ぶ。
金沢美術工芸大学日本画専攻を卒業後、
浜松学芸高等学校で日本画講師として教鞭を執る。
静岡県西部を中心に個展、グループ展を多数開催。
16年間、幼児期の子どもたちに思いや希望を投影して、
子ども時代に五感で感じた記憶を主題に日本画を描き続けている。

<過去作品>


◎作品番号:A04
◎ジャンル:日本画
◎作品場所:鵺代公民館
◎日時:9/8 10:00-16:00  /9 10:00-16:00
◎作品名:「Nue」
一仏成道して、法界を観見せば、草木国土も、悉く皆成仏せん。

Re2 アートライン Artist -作品③ | ごっこ

 

ごっこ |〜踊ると描くを手掛かりに〜

藤澤 薫平<写真上> Kunpei Fujisawa (おもに踊り手)

1994年東京出身。静岡文化芸術大学デザイン学部在学。 大学では空間造形学科に在籍し、主に人と空間の関係について学ぶ。 2017年より、コンテンポラリーダンスによる身体表現をはじめる。 同じ時期から、熊谷と二人でドローイングと踊りによる表現を模索し始め、それが現在の創作ユニット「ごっこ」につながる。


熊谷 隼人
 Hayato Kumagai (おもに描き手)

1991年大分生まれ新潟育ち。静岡文化芸術大学デザイン学部卒業。 2016年より、浜松を拠点に制作活動を開始。2017年に東京や大阪など、県内外のギャラリーで展示を行う。主に生命をモチーフにした切り絵や点描画を、様々な画材を用いて制作している。 最近はライブドローイングなど、即興的な表現にも挑戦中。

他の作品番号:AA1

http://doubleprojet.com/2018/08/28/re2-アートライン-artist-①/


◎作品番号:A03
◎ジャンル:コンテンポラリー/パフォーマンス
◎場所:鵺代遊園地
◎タイトル:「ヨルノトリ」
スケジュール:9/8.9 11:30~ 13:30~15:30~

現代の生活は昔ほど「わからなさ」で溢れていない。もう誰も、病気を妖しのせいにはしないし、不吉な方角を怖がったりしません。この「わからなさ」は僕にとって少し恋しい響きがあって、それはどうやったら面白くつくれるのでしょうか。
「演じる側」もそして実は「観る側」も戸惑いに放りだされた身体を帯びていて、それって本来の鵺のようだ と思ったりします。
ぼくもみなさんもざわざわし始め「わからなさ」を含んだ身体の状態になっている、そんな時間を楽しみあえたら嬉しいです。

Web Site
https://wearegokko.tumblr.com/

https://youtu.be/zXiUTvGli8U

Episode 5 Music Contents line up

<Episode 5 ミュージックコンテンツ ラインナップ>

アーティスト別ワンステージチケット 4/6~限定発売!!
ローソンチケット・Peatix

 

土岐麻子/とき・あさこ 14:30~

東京生まれ。Cymbalsのリードシンガーとして、’97年にインディーズ、’99年にメジャーデビュー。’04年のバンド解散後、実父・土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー・アルバム『STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリースし、ソロ始動。本人出演/歌唱が話題となったユニクロTV-CMソング『HowBeautiful』を始め、NISSAN「新型TEANA」TV-CMソング『Waltzfor Debby』、資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソング、『Gift ~あなたはマドンナ~』など、自身のリーダー作品のみならずCM音楽の歌唱や、数多くのアーティスト作品へのゲスト参加、ナレーション、TV、ラジオ番組のナビゲーターを務めるなど、“声のスペシャリスト”として多方面で活躍中。最新アルバムは、’17年シティ・ポップの決定盤「PINK」(‘17.1.25)

http://www.tokiasako.com/

 

jizue /ジズー 12:00~ グランドピアノライブ

’06年、井上典政、山田剛、粉川心を中心に結成、翌年より片木希依が加入。 これまでに『Bookshelf』、『novel』、『journal』、『shiori』、『story』の5枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCKFESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。’17年10月25日、ビクターよりメジャー・デビュー作『grassroots』を発表する。 メンバー / 山田剛(ベース) / 井上典政(ギター) / 片木希依(ピアノ) / 粉川心(ドラム)

http://www.jizue.com/

 

 

 

 

Port of Notes / ポート・オブ・ノーツ 17:00~

’96年、ヴォーカリスト・畠山美由紀とギタリスト・小島大介によりPort of Notes(ポート・オブ・ノーツ)を結成。’97年、EP『Port of Notes』でCDデビュー。現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表。 ’01年、POLA化粧品のTVCMソングとして使用される。’01年12月、松任谷由実30周年カバー・アルバム『Queen’sFellows』に参加、翌年1月、日本武道館で行われたYumingTributeConcert“Queen’s Fellows”に出演。’04年に発売された、3rdアルバム『Evening Glow』では、松任谷由実の参加も話題となった。’08年デビュー10周年を記念して、自身の選曲に新曲を加えたベスト盤『Blue Arpeggio~Own Best Selection~“青いアルペジオの歌”』をリリース。 ’09年全曲NY録音、Jesse Harrisプロデュースによるオリジナル・アルバム『Luminous Halo~燦然と輝く光彩~』 ’17年12月新曲「トラヴェシア」をリリース。

http://portofnotes.com/

 

 

Ann Sally / アン・サリー 19:30~

’01年のデビュー以来、オリジナルアルバムの発表の他、日本全国、アジア地域で演奏活動を行うシンガー&ドクター。紅白歌合戦テーマ曲や映画の主題歌「おかあさんの唄」、CM歌唱など、その印象深い歌声は幅広く浸透している。’17年秋には、7年振り、7枚目となる待望のオリジナル・アルバム「 Bon Temps (ボン・トン)」を発表。また同時に、雑誌「アナログ」付録7インチレコードとしてシングルカットを発表している。「暮らしの中で緩やかに芽吹いた想いは、ほころぶ花々のように芳醇で想いあふれる歌声」と、花蜜の抽出された名曲群とともに「 Bon Temps=良い時間 」に込められている。

http://www.annsally.org/

 

■公演詳細
◎4/21(土)11:30開場 / 12:00開演〜21:00 終了
◎アクトシティ浜松・中ホール 浜松市中区板屋町111-1
◎アクセス:(公共交通機関)JR浜松駅直結北口徒歩2分
      (車)アクトシティ浜松・地下駐車場および近隣駐車場をご利用ください。
 
◎チケット:一日共通券 種別:自由席・SS指定席
————————————————————–

■Peatix

http://doublemusic.peatix.com

🔸前売り自由席 6800円 SS指定席9000円
■ドゥブル事務局  <SS指定席のみ>
■ローソンチケット <SS指定席・自由席>3/10~

TEL予約 0570-084-004(Lコード43082)
WEB予約 ローチケ.com

http://l-tike.com/order/?gLcode=43082

店頭購入 ローソン・ミニストップ全店設置のLoppiにて

 <自由席のみ>
■Peatix
■イープラス
店頭購入 ファミリーマート
■アクトシティ・チケットセンター アクトシティ浜松B1

 


店頭購入 ローソン・ミニストップ全店設置のLoppiにて

<自由席のみ>
 ■Peatix
■イープラス

https://goo.gl/bPx3Dr

ファミリーマート

■アクトシティ・チケットセンター アクトシティ浜松B1

<アーティスト別 ワンステージチケット 4/6~限定発売 ¥3500>
ローソンチケット および Peatix

 

————————————————————

◎出演:   <アイウエオ順>
アンサリー( Ann Sally )
ジズー ( jizue ) グランドピアノライブ
土岐麻子( Asako Toki )
ポート・オブ・ノーツ( Port of Notes 小島大介・畠山美由紀 )

◎タイムテーブル
11:30~open
12:00~jizue
14:30~土岐麻子
17:00~ポートオブノーツ
19:30~アンサリー
◎主催:DOUBLE PROJET / commerepere http://doubleprojet.com
◎後援:K-mix

 

■注意事項

・未就学児のお子様は保護者のひざの上で観覧されるのであれば1名は無料となります。未就学以下のお子様でも座席が必要な場合は、必要な人数分のチケットをご購入下さい。ご不明な点はドゥブルプロジェ090-7864-5593(平日12:00〜18:00)までお問い合わせ下さい。
・演奏中は大声でのおしゃべりなど、周りのお客様に不快な印象を与える行為はご遠慮下さい。他のお客様にご配慮頂けますようお願いいたします。
・お子様をお連れのお客様:演奏中にお子様が泣き出したり、騒いだり、客席内を走り回る等された場合、一時的に客席外へご移動頂く場合がございます。他のお客様にご配慮頂けますよう、またお子様から目を離さぬようご協力お願いいたします。 ・入場券1枚につき1名様のみ有効となります。入り口で当日有効なリストバンドと引き換えを行ってください。
・リストバンドを外したり、紛失した場合、無効となります。
・一日通し券になりますので、どのアーティストライブでもお聞き頂くことができます。
・アーティストライブは入れ替え制です。1つのライブ終了後に機材入れ替えなどがございますので、一旦、ご退館して頂きます。
・SS指定席の場合には、1日を通して同じ席を確保しておりますので、お時間までにご着席いただければ大丈夫です。
・チケットの再発行はいかなる場合でも行いません。取り扱いには十分にお気をつけ下さい。
・出演者のキャンセル・タイムテーブルの変更など、止むを得ず運営上のルールを変更する場合がございます。変更に対してのチケットの払い戻しは行いません。予めご了承ください。なお、改定した場合にはオフィシャルホームページにて公表させていただき、事前の通知などは行いません。
・入場時の場内で物品を使っての場所取り、後から入ってくる知人の分の場所取り、自分以外のスペース確保、横入り等の行為は一切おやめください。この様な行為を見かけた場合、お近くのスタッフまでお知らせください。注意、撤去させていただきます。悪質な場合はご退場いただく場合もございます。
・場内でのカメラ・携帯電話などによる写真撮影、映像の撮影、音声の録音等は、原則として固くお断り申し上げます。これらの行為は法律でも禁止されております。
・ペットを連れての入館、飲食物の会場への持ち込みは禁止いたします。悪質な持ち込みは没収させて頂くこともございます。
・上演中は、携帯電話、アラーム等の音の出る機器の電源は必ずお切りください。
・会場内外を問わず、混雑の中で走ったり人を押しのけたりなどの行為は非常に危険ですので慎んでください。
・会場におきましては、スタッフの案内にご協力の程よろしくお願い致します。
・その他、他のお客様のご迷惑になる行為は、固くお断りいたします。

上記の注意事項をお守りいただけない場合、公演を中断・退場して頂くこともございます。公演を安全にお楽しみいただくために皆様にはご理解とご協力の程重ねてお願い申し上げます。
※キャンセルポリシー
主催者の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルはご対応しかねます。

ALG Le spécial 2 | なかむらなつき x Green Cog <自転車屋さんの挿絵描き>

「自転車屋さんの挿絵描き」 なかむら なつき x Green Cog

2/3(土)- 4(日) GSビル1F Green Cog <BLOCK V>

このまちで出会った自転車に、まちの絵描きが絵を描いて 次の旅へいってらっしゃいと送りだす。浜松の自転車屋さん GreenCogに絵描き中村菜月が二日間だけ 棲 み つ き ま す 。フ レ ー ム や ヘ ル メ ッ ト に も 描 き ま す 。

※お値段は1,000円~

ALG exhabitor 28 | 中村 菜月

中村 菜月 | アーティスト

絵画・ブローチ・似顔絵

<テーマ:再創造 Re-Creationについて>

そういえばここは焼けたんだったなあとふと思い、
浜松の中心部に住みながら無意識のうちに浸っていた
虚無感のようなものにやっと納得がいきました。

中田島街道から海へ向かって車を運転していると、墓のように感じます。
そこに限らず、市内のどこも墓です。
かつてはそこに人が生きていたんだという気配だけを残した砂漠です。
わたしが大人になるまでの20年間、
わたし
が生まれる前の30年間、
みんなは一体どこで何をして、そして今どこにいるのだろうと思いました。

ほんとうは私が生まれる前って存在していなかったんじゃないかとたまに思います。
だからたまに、年上の方に聞くんです。23年前、何をしていましたかと。

今はまだ、わたしもこの町もとりあえず生きている、というような感覚です。
どう生きようかというところを考えていきたいです。

古いものと新しいもの、というものはどのように繋がるのだろうと考えながら、
古いものと新しいものは本当は繋がっているはずだよねと思いました。
だったら自分は、どのように千切れてどのように混ざるのか、
ということをほんとうは考えたいのかもしれません。

http://natsukiiin.thebase.in