Re.5 閉幕のご挨拶

Pocket


アリィの冬と夏 「Re.5 内と外のリフレクション」

卸本町の道の先に沈む夕日と昇る満月が、西と東の空に現れた希有な日曜日。2日間とも、この時期特有の空っ風で、最近には無い寒い日でしたが、お天気に恵まれました。
全国よりクラフトやフードなどジャンルを越えた157組の「創り手」が揃った”Re.5 外と内のリフレクション”は如何だったでしょうか?

初日には早くからリピーターの方、2日目には幅広い層の初めてのお客様と、こちらの予想を上回り、非常に多くのお客様にご来場頂き、大きな事故もなく、終了したことにまずは御礼申し上げます。この2日間にご指摘頂いた案内についてや駐車場不足の件などは、また次回に生かしていけるように改善、準備していきたいと思います。

私たちは卸本町という繁栄最盛期の70年代のままの街並みの中で、このポテンシャルや漂う空気感を感じて頂きたいのと、オンリーワンの創り手が発する事やモノが、このエリアや皆様の”内と外”にも何らかの変化を生み出していれば嬉しく思います。
そして、それらが未来に続くことを望んでいます。

最後になりますが、ご来場頂きました多くのお客様、157組の出展者、共催の#アンカンパニー#デリシャスキッチン浜松#greencog#GSburger#Wonderfulphotostudio ご協力頂いた #あつみ工房#オサカベ塗装#ハマアス#マストレ海外事業部#コスモグリーン庭好 の皆様、浜松卸商センターアルラの皆様、影で支えてくれていたプレスの皆様、臨機応変に動いてくれたスタッフ、他、関係してくれた全ての人に感謝申し上げます。

2016年春に始まったドゥブルから丸4年。ドゥブルが5回、企画展のアリィの冬と夏が5回、合わせて10回目の開催でした。また今夏に開催できるよう精進してまいります。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です