EP5 exhabitor 65 | Votrepage <奈良>

Pocket

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

心象風景を映すもの をテーマに

主にアクセサリーですが、什器や置物なども同じテーマで製作しています。

素材として身体に負担のすくないもの、時を経ても劣化しないもの、ばらす事でまた生まれ変わる余地を残すこと、などを大切にしています。

アクセサリーを身につけることは

自分を大切にすることと同義だと思います。

そのお手伝いができることは

とても光栄なことです。


②Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

好評いただいているヘマタイトクォーツという赤みがかった水晶の『鉱物シリーズ』や、

ひとつひとつ形の違う『木製水晶』、そしておなじみのワイヤーワーク()

アクセサリーをお持ちする予定です。


③今回のテーマは
「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

作品の中に、途切れることのない線で描いた『あぶく』というピアスがあります。

また、落書きのようにワイヤーを絡めた指輪も。

絵の描けない私にとって、線はとてもこだわっている部分です。

そして『線』が内包し、纏う、余白としての『間』は

構成の中で最も意識する影の主役です。


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

2回目のdobble参加です。

また浜松へうかがえると思うと胸が高鳴ります。

あたたかいお客様にお会い出来るのを楽しみにしています。

2018年04月15日 | Posted in craft, Exhibitor | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です