EP5 exhabitor 58 | Tu viendras

Pocket

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

はじめまして。『天然マテリアルと詩の小売 Tu viendras』は、鉱物/植物/感情と思考の店として、主に「詩」と「アート」を背骨にイベント出展にて活動中です。店名の「 Tu viendras(チュヴィエンドラ)」は日本語にしますと「あなたは来るでしょう」という意味になります。これから会いに来る、または会いに行く相手への贈り物に加わるような、そんな品物を取り揃えてご来場の皆さまをお待ちしています。

②Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

今回のエピソード5へは、「詩」と「詩集」をお持ちします。Tu viendrasの製品は、鉱物や植物、動物から得られる物など天然由来の素材をテーマとしていますが、人の感情と思考から成るアート/詩もまた同様に天然の物であると思うところから、詩については、ある一人の詩人の一つの詩を、ただ一人の読者の元へ手渡して行こうと考案して作り出した「手紙の像をした詩」をお持ちして販売します。これはご購入者様だけが読むことの出来る作家書き下ろしの一点物、Tu viendrasのオリジナル商品です。その他に浜松在住のアーティスト中村菜月さん直筆の詩の作品をご覧いただけます。詩人は、mahina makana・縷々・スズキトーフ・小木曽涼子・中村菜月・他です。詩集につきましては、池田彩乃・小木曽涼子・縷々・他の作品を販売します。どうぞよろしくお願いします。

③今回のテーマは「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

「線」を描くことによって生まれる

描かれていない余白や空間

「間」はわたしに語りかける

其の残像と余韻をおまえに委ねると

嗚呼!

空の五線譜とは

如何してこのように官能的なのか

其の境界線がわたしを誘惑する

生命の輪郭は「線」となり

像と像の間に「間」をつくる

それは互いを隔てるもの

内と外を繋ぐもの

「線と間」は自然界の仲介者

ひとつを別のひとつと結びつける

チュヴィエンドラの「線と間」

それは詩人の描く筆線とその行間


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

出展者とゲストを結ぶ「線」を〈美意識〉としましょう。

それは会場の人や品物が持つ力であり、同時に会場の人や品物から発せられるものです。

その〈美意識〉の気配が空間となり時間となる「間」~ドゥブル episode5「線と間」~ へどうぞお越しください!

2018年04月12日 | Posted in Exhibitor, others | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です