EP5 exhabitor 49 | 崇 -su-<岐阜>

Pocket

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

-su-(すう)は’’曲線’’をテーマとした造形活動をしています。

拠点は岐阜県瑞浪市。

主に『木のアクセサリー』を作っています。


手が動くままに、その時感じたものを造形していく。

作品ひとつひとつと向き合い、丁寧に磨き上げています。

木工作品の枠からはみ出るような面白さを表現したいと思い活動しています。


②Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

イヤリング、ピアス、ヘアアクセサリー、

ブローチ、ペンダント、ブレスレット、etc


③今回のテーマは
「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。


’’絶妙な均衡を保った美しいものたち’’

モノとは’’’’の集合体であり、集まり方によって全く違う美しさを見せる。美しい間隔、距離に存在しており、その間にできた’’空白’’もまた美しい。


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

suのアクセサリーは’’寄木’’という手法を使い、造形に曲線を多く使っているので

カラフルで独特な印象を感じられるオリジナルのアクセサリーとなっております。

ぜひ実際に見て手で触れていただくと、より立体感が感じられるかと思います。

暖かくなってアクセサリーが生きる時期。

ちょっとアートな新しいアクセサリーを身につけてみませんか? 崇su びの

2018年04月09日 | Posted in craft, Exhibitor | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です