EP5 exhabitor 36 | はらぺこ菓子店天秤堂 <愛知>

Pocket

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

愛知県瀬戸市の山間の工房でグルテンフリーとナッツのお菓子を作っています
アレルギー対応のお菓子も作っているため
対面となるイベントやデリバリーサービスでの販売をしています

小麦粉(古代小麦)は控えめに使用したものもありますが
基本的には米粉と雑穀粉を使用しています
季節の果実を多く使用しているので甘さは控えめにして
旬の味を損なわないように気を付けて、日々に寄り添えるよう
気取ってないお菓子作りがしたいと思っています


Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

大人のティラミスや季節の米粉タルト等の定番の生菓子が並びますが

季節のお味、装いも今回のテーマを意識したものにアレンジしてお持ちいたします

今回は九谷焼の繊細な作品をディスプレイに添えていただきます

作家も同席しますのでぜひお気軽にお立ち寄りくださいね


③今回のテーマは
「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

ボーダー、ストライプ、そこからくる色と余白、事柄と事柄の空白の空間、余裕、日常と非日常

私自身毎回楽しみにしているイベントなのですが

お会いする出店者さんたちはどの方も人間として魅力的でそこに非日常を感じます

あえて言葉にするなら線はoutput、間はinput

どちらも掛けては味気なくて間があるからこそ線が活きる

そんなイメージです


④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

日々の生活の中で感じることと思うことは人それぞれです

ぜひこのイベントで様々な作品に触れることにより刺激を受けていただけたらと思います

当店でお菓子をお求めのお客様はぜひゴミの削減のためにお買い物袋(保冷バック)、保冷剤、背の高いタッパー(8㎝以上)などをお持ちください(包材は有料となります)

ご協力よろしくお願いいたします

2018年04月04日 | Posted in Exhibitor, food | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です