EP5 exhabitor 21 | kotokoto <滋賀>

Pocket

①自己紹介と作品制作時におけるポリシーを教えてください。

東欧や日本の古雑貨をアクセサリーに仕立て直しました。チェコスロヴァキアの帽子ピン、ソ連の腕時計、活版印刷機の活字など、素材はどれも30年以上前の本物。ヴィンテージの世界観をいかした、ブローチ、ピンバッジ、ピアス、ネクタイピン、キーリングなどを古物商(夫)&デザイナー(妻)の12歳差夫婦で制作しています。女性はもちろん、男性でも楽しめるアクセサリーを多めに取りそろえています。

 

Episode 5ではどんなメニューや作品が並びますか。

・東欧のヴィンテージブローチ&ネクタイピン

・旧ソ連の紋章ブローチ

・古時計の文字盤ブローチ&ピアス

・古時計の心臓ブローチ

・古い活版印刷機の活字キーホルダー

 

③今回のテーマは「線と間~interlinge」です。それぞれのイメージで結構です。文字にしてください。

線=人と人のつながり。

間=つながりの深さ。

 

④ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

本物のヴィンテージならではの「とっておき感」を楽しんでください。

2018年03月31日 | Posted in antique, Exhibitor | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です