Exhabitor 15 | 南 裕希 <愛知>

Pocket

南 裕希 <工藝 | 木工>

自己紹介をお願いします。

愛知県蒲郡市で木のお皿やカトラリーを制作しています。

生活の中になじむもの、長く使いたいと思えるもが作れるといいなと思います。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

国産のさくら、くるみの木などを使って、くるみのオイルを使って仕上げています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

お皿やカトラリーを中心に展示します。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。それぞれの解釈の元で、「わたしとあてなるもの」について教えてください。

そこにあるものが暮らしに溶け込み調和がとれている時に、その雰囲気を美しいと感じます。

見栄をはったり、気張りすぎることなく、そういった暮らしを作りたいと思う。

そして、自分らしく暮らしたいと感じる人たちの手伝いが、作品を通して出来るといいなと思う。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

木のこと、お皿のことなどいろいろお話が出来るのを楽しみにしています。

よろしくお願いします。

2017年09月03日 | Posted in craft, Exhibitor | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です