Exhabitor 2 | Barie <愛知>

Pocket

Barie <工藝 | アクセサリー>

自己紹介をお願いします。

Barieの稲葉と申します。アクセサリー作家として活動しております。
基盤の素材はシルバーや真鍮を扱い、苔や芝生の自然素材を用いた
アクセサリーを中心に手掛けています。

作品制作時におけるポリシーを教えてください。

一つ一つを手作業で、機械では作れない手のぬくもりを跡に残すような、
手作りならではの味わいを大切にしています。愛着をもって身につけられるものづくりを目指しています。

Episode 4ではどんなメニューや作品が並びますか。

本物の苔を乾燥させたドライモスや、天然の溶岩の一種である軽石など、
自然素材を用いたアクセサリーを中心に展開いたします。
身につけることで自然を感じられるような、そんなアクセサリーたちです。

今回のテーマは「あてなるもの」です。※あて・なりとは、日本の古い言葉で上品や優美なことをさします。ここでの「もの」とは「物であり者でもある」と同時に豊かさや理想であるのかもしれません。「わたしとあてなるもの」について教えてください。

私にとってあてなるもの。多くを語らず、シンプルなもの。

伸びやかで、心がうっとりと感じるもの。

ゆったりと穏やかな時が流れるような 時間や空間も。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

今回Doubleへ初めての出店となります。気合い充分にまいります。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

2017年08月24日 | Posted in craft, Exhibitor | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です