Exhabitor 17 | Pipacs antiques <愛知>

Pocket


14384042_1016775068421872_1402007777_n14384016_1016775105088535_889516403_nimg_0386

 

Pipacs antiques<愛知>
antiques | 欧州ブロカント)

自己紹介をお願いします。

欧州の蚤の市をまわり趣のあるものを集めています。店舗を持たずイベントを中心に活動しています。

今回のテーマは「terroir et nature テロワール エ ナチュール(土地と自然)」ですが、
ご自身の土地・背景にあるものや、制作に印象を受けた事柄などがあれば教えて下さい。

私の背景にあるもの それは旅です。
ザルツブルグの蚤の市に向かうバスを間違えて降りたら、極上のケーキをご馳走になったり、ベルギーで同じ名前の違う土地に翻弄され終点にあった教会のミサの歌声に感動したり、
陶器のルーツを探るためにトランシルバニアに訪れた時には、
偶然にも憧れの方にお会いできたり。
実はエストニアの毛糸もそんな旅が導いてくれた宝物の一つです。
今までの旅の中でいちばん過酷で いちばん落ち込んで いちばん幸せな気持ちになった
いちばん印象的な旅でした。あのしんどさとショックがなければ きっと出会うことのなかった毛糸です。
そんな物や人と巡り合わせてくれる旅、これこそが私の原動力になっています。

Episode 2ではどんなメニューや作品が並びますか。

チェコや旧ソ連のピンバッチ、ハンガリー手紡ぎのリネン、ベルギーのレースや
オランダのスケート靴など 欧州のブロカント エストニアの毛糸 プレヤーンも持っていきます。

ご来場のゲストにメッセージをお願いします。

プレヤーンは撚りがかかっていないので 縮絨したり、
ニードル針で刺したりいろいろ遊べる毛糸です。静岡には初めて持っていきます。
ぜひ手にとってごらんください。
旅の話だけでも、ぜひお気軽にお声掛けください。

http://instagram.com/pipacs_antiques.ane

2016年10月03日 | Posted in antique, Exhibitor | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です